台湾ツアー、追記です

いよいよ明日からです!去年の8月からすごい時間をかけてきたので、なんだか、ドキドキします。イギリスやヨーロッパの庭のツアーは慣れているけれど、アジアのツアーは初めてなので。

地図はクリックすると大きく見られます。この地図は、参加の皆様にお送りした「台湾まるごとガイド」の10ページです。

 

最初に泊まるミラマーホテルは台中の街のド中心。

15分ほどの散歩で夜市があるので、元気があったら、ちょっと覗きに行くのもあり?

 

三日目に宿泊する、伊東豊雄さん設計のエスリテホテルは、地図の向かって右側。

比較的に新しく開発された地域で台北101(青い囲みの中)なども比較的近く、この写真はホテルの部屋から撮った写真。(できればタクシーで行くほうが。。。)

 

でも、世界一になったパン屋さんのあるエスリテ・デパートとエスリテ・ホテルは同じビルなので、近場で動くのもあり

同じ敷地内にすごく人気のあるおしゃれな書店カフェもあり。時間があればここでのんびりしたいですね。

九份で尋ねる茶藝館は女子の好む旅行ガイドにもよくでてくる水心月茶坊を予約してあります。

 

この有名な景色は雑踏なので、ここを逃れて、茶藝館にトランキュリティーを見つけられたら。

私が行ったときも、こんな感じでお天気わるし。でも、幻想的でした。

今回は、建築を眺める旅でもあります。台湾の中央駅の有名なホール。ここも行きます。

新幹線に乗って台中へ。その後、虹村などを見て、ローカルで食事、日月潭クルーズ。

そして、ホテルへ。台湾も例年より、4度ほど低いそうです。予想よりもあったかいアウトフィット用意して。この感じで12月下旬、20度以上でしたが今度は10度以下。

部屋からの眺め。

良い部屋だと良いのですが。個人の旅では、このとき、日月潭の元ホテルマンと仕事をしていたので、部屋の種類を細かく注文入れましたが。今、彼は、中国に行ってしまった。

楽しみなのが明日の夜の食事。

キラキラするような、輝くような格好で行きたいですが。

そのあと、もしも、夜市に行くなら、イキナリ・ドレスダウン。していくのも私らしさだと思っております。

行き先、ツアーでかなり組み込んでいるのであまりだらーっと過ごせない感じかもしれないし、自由行動も時間も少ないので。どうなのか、悩んだのですが、ちょっと時間でどこかに行くなら、必ず、ホテルでタクシーカードをもらって。(ちなみにこのスタイル、冬の台湾でちょうどよかったですが、今は、これじゃ、寒いはずです)

請送 我 返回 そして、ホテル名。漢字って分かりやすいですね。これは、エスリテホテルでもらったカード。凄くこき使ったのでくしゃくしゃに。これはホテルで必ずもらうといいですね。ホテルに帰る時、また使える。

だいたいの1流のホテルやデパート、お店からタクシーを呼んでもらうときは、ドアマンがリフェレンスカードにタクシーのナンバーも書きこんでくれるので、ちょっと安心感あり。

台湾へ行くと必ず探して買っていたのが、この乾燥マンゴー天然干しで砂糖が入っていないので素材の美味しさが引き立って、ヨーグルトに一晩漬けておくと最高のお味。最初は淡水にある農協みたいなところで買い。あまりにも気に入り探しまくったら、台北では三越デパートで売ってましたが、ちょっと高級なお土産やさんとか、オーガニック食材屋で発見。

ここのメーカーでなくても、「天然の台湾製」なら良さそうです。

さて!では準備万端、仕事も終わらせ、行ってきます!ちょっと寒いかもしれないので、小さく畳める軽量の羽毛ジャケットは必携ですね。

 

麻やコットンのコートの下にキルティングのダウンジャケットとか。

この記事にメッセージを送る