日々、一生懸命!

あらま!こちらのサイトがクローズするのも、あと2週間後です。

もちろん、まだ、ダリアが満開の箇所が残り、とぉ〜っても美しかったですが、昨日まで3日間いた銀河庭園、

クローズした後も最高に美しくて!

なにかちょっと悔しいような。

もっと誰かに見て欲しいのに。と思う状態でした。

とはいえ、園内、霜が降りて傷んでしまったダリアも多く散見できるし、なによりもいまのうちにガーデナーはしておかなくてならないことが山積みなので、閉園し、土を掘り起こし、いまのうちに、植え替えをしておきたい宿根草や潅木、ダリアの球根の掘り起こしなど。

雪が降ってくる前にと、急ピッチで来年の準備をスタートさせています。

ちょっとびっくりだったのが、10月にはオレンジ色だったダリア、寒さに当たったからか、黄色になっていました。

この写真は、先月10月の北海道銀河庭園にて。同じダリアとは思えないですよね。

植物の茶色の美を発見するのも秋の魅力です。これはこれで美しいと思うし、私は、植物の特性や個性。気温や季節の変化で変わりゆく植物の姿を見出すのも仕事だと思っていますので、それを見逃さないようにしたいと自分のなかの「発見力」意識して庭のなかの「何か」を見つけようと非常に気持ちを集中していました。

すると、1時間が10分ほどにも感じることがあり。

無作為にガーデナーが選んでくれたダリア。ホテルに持ち帰って…。この時期の恒例。

淡い系と、濃い系のダリア、一緒に生けると色が合わないので、二つのグラスに分け、ひとつはバスルーム。ひとつは枕元へ。

生きているうちに少しでも美しいものに出会いたいと、いつも願っていますが、

やっぱり!花と秋の青空は素晴らしいですよね!さあて!自分の庭もきれいにしないと!

さて*12 月22日の池袋コミカレの講座。すでにお申込みいただいた方には、感謝を!

その内容は….まず、Piet 先生の映画。

北海道イコロの森のみなさまのご協力と、そのガーデナーさんによる日本語字幕付き!というところが嬉しい映画です!

(やっぱりねぇ。日本語訳付きで見たいです)

動かせそうになかった予定を変更して、12 月22日にお申込みくださった方や、旅行を早めて昼すぎに東京に戻ることにしてくれた方々!ありがとうございます!お会いできることを楽しみにしていますし、講演後はみなさまとご挨拶できることを楽しみにしております!

そして、ゆく年くる年、新たな時代にむけた「発見力」をテーマに講座を。

https://cul.7cn.co.jp/programs/program_854612.html

とにかく、日々一生懸命!いろいろめげそうになることもあるのですが、何歳になろうとも、キーワードはこれ。

この記事にメッセージを送る