本当に ありがとうございました。

閉店のお知らせをしてから、のち

たくさんの、ありがたきコメントをいただきまして、

それを拝読するつど、目を閉じて、じーん。温かな御心を

受け止めさせていただいております。感謝いたします。

            .

そして、みなさま、なによりも、体調のことをご心配くださり、まことに、ありがとうございます。

やはり、人生には、20代、30代、40代、50代、60代〜  それぞれのステージが

ありますね。それぞれが違います。それを自ら開拓していかないと。

 

年を重ねる毎に、経験値や精神的な成熟度が増して、いよいよ人生の円熟期を迎えるような実感があるけれども、一方、体力だけは、増していかないですね。

昨日は、たまプラーザにて、横浜市青葉区福祉保健課健康づくり係様主催で「花と緑に囲まれたライフスタイル」心と体の健康に良い暮らしをテーマとした講演会に参加させていただきました。多くのShade lookのみなさまをお見受けして、嬉しく思っておりました。園芸療法の話をしてくださった講師の国吉純さんと。

また今回のガイドをしてくださり、国バラではいつも最高の植物のプロダクションをしてくれたグリーンギャラリーの吉田祐治さんと。たまプラーザにあるグリーンギャラリーさんのお店にて。

 

心と体の健康に良い暮らし

 

体に良いものは、いろいろと研究が進んで、あとは、その人の意思次第ですが、

心の健康って、結構、コントロールが難しいですよね。

人間関係では、とびきり幸せになるときもあれば、ストレスになるときもある。

で、私はやはり、草花と接しているときは、ストレスを解消していると実感しています。間違いなく「きれいに咲いた花に、癒される」

月に一度。朝4時に起きて家を5時にでて、車で羽田、飛行機に乗って北海道銀河庭園へ。あるいは、車で片道、2時間〜3時間の箱根や中之条へ。ときに一泊、ときに日帰り。浜松も、Door to door で4時間、乗り換え多しで結構疲れる。

 

ま、そうした移動は、疲れることは疲れるんですが、これが不思議と、現地に着いてしまうと、花と接する仕事なので、自分のバロメーターが、花に囲まれるうちに

「おおぉ〜元気回復!!!」と実感します。なんだろうな。この感覚。と、いつも感じます。

 

さて、少し長くなりますが、10年ほど前の夏の終り、雑誌の取材で軽井沢植物園へ伺った折、当時の園長でおられた佐藤邦雄さん植物園をご案内くださった

軽井沢ならではの、冷涼な気候で咲く花が愛おしく可憐で、その名前を伺いながら楽しい時を過ごさせていただいた。最後に、購入していたご著書へのサインを乞う快く引き受けてくださり、そのサインと共に書き添えられていたのが、植物学者、牧野富太郎氏のこの一句でした。

 朝夕に草木を我が身の友とせば 心寂しき折節もなし

              

このとき佐藤氏は、直後に皇后様の植物園ご訪問を控えておられ、慌ただしい最中だったというのに、丁寧な筆致でページの余白を埋めて下さった。

 若いひとには、もうひとつピンとこない言葉かもしれないけれど、今若くても放っておけばじきに中年〜老年になるのだから、将来の参考にしていただければと思う。

人は誰でも、生きているかぎり年をとるし、20代のままの体力と思考回路で、30代、40の時代を過ごすことはできない。そして、年齢を重ねるほどに、自分を見つめる時間が大切になるはずです。

 それゆえ私には、この一句が生きていれば誰にも訪れる老いと孤独への不安を、穏やかに解決してくれるように思えたのでしたまた、常に花や緑を心の友として生きる、イギリスのガーデナーたちも同じことを思っているであろう言葉だと確信しまし

 さて、私が30代のはじめに、このまま日本で年を重ねていくことに不安を感じ渡英した話は、以前もどこかに書いた。35歳から42歳になるまでの7年間、英国では、年を重ねて行くのが楽しくなるような生き方のヒントをたくさん得ましたが一番の収穫だったのが

「インディペンデントという精神性でした。

 この一句のおかげで、精神的な依存(肉体的依存は方策を考えないと!)を他者にすることなく老後を迎えるのが理想と思う私にとって、これぞまさにお手本でした。

親子の問題や夫婦の問題、それぞれ人間関係にはさまざまな乗り越えるべき問題もあるでしょうが、依存心は、おもいのほか人を苦しめるようにも思います。イギリスの「インディペンデント」な人生の先輩方と接したことで、私の長生きのための基本理念は「インディペンデント」

あとは、健康でいられるよう努力する。やるべきことがわかると、人生は少し楽になるから、今後は、やるべきことを後回しにしないのも大きな課題ですね。言葉でいうのは、簡単ですが。

来週から7月いっぱいまでは普段通りのShade fashion blog に戻ります!

いつも、本当に、ありがとうございます!!!!!!

 

 

この記事にメッセージを送る