装飾の季節@星の王子さまミュージアム

駒場のShade でも、クリスマスの装飾を進めてきましたが、先日の星の王子さまミュージアムでは庭の植物の植え替えのほかに、イルミネーションも含め、大々的にクリスマスの装飾を進めました。

日暮れが早いので、イルミネーションや光を反射して輝くキラキラものが庭に欠かせません。

トワイライトがロマンチックです。

細かい作業なので、時間がかかるし材料もたくさん必要です。

おかげさまで好評につき、来年の1月7日まで会期延長。それにともないこちらもイルミネーション。

二日目の午前中。最初は、黒いコードしか届いていなかったので、先に黒いコードで暖色電球のイルミネーションで設置を始めました。コードを見えないように花の影に差し込みながら。

はい。こんな感じで。随分黄色い光だけど、温かみがあっていいかな?

後ろのライトは届いてから夕方やりましょうということで。

ところが午後に届いたライトがパールホワイトの寒色白。

よくあるのです。ネットで注文した色が実際に点けてみると色が違うってこと。

これでもう何度目かの体験です。でも、返品の時間などない。

仕方ないので、午前中にセットした暖色を全部外してやり直し。

お客様が絶え間なく撮影にみえるので、合間に大急ぎで。

電球がラインで線状に見えるのはよろしくないので、ライトの間隔が縦横同数で面になるように、ピッチを揃えて。

これでまだ完成ではなく。何度か目のシュミレーション。

手前と後ろでは、密度を変えないと遠近感が狂ってしまう。

手前多めに後ろ少なく。今は後ろが多く見えるのでまた修正を。

などとしているうちにすっかり日も暮れて。

今年はこれにて、私の星の王子さまミュージアムのワークは終了。また来年の春まで庭とお別れなのです。….ちょっと淋しい!

 

 

 

この記事にメッセージを送る