blog

2017年12月9日

12月16日(土)のワークショップ:追記

12月16日のワークショップ。

ニューイヤーカードの花文字の作り方では、

本日、来週のためのシュミレーションをしてみました。

2018のロゴタイプは私のオリジナルの書体です。これも本日制作。

自分だけで好きなように作るなら、どうとでもできるのですが、

いつも思うのです。作り方を分かりやすくお伝えするのは、案外難しいもの。

なので、繰り返しのシュミレーションを。

なので、ご用意いただくものを練習してみましたら、

午後の部。「ニューイヤーカード」制作。

実際に作りたい方が、ご用意いただきたいもの。(お問い合わせありました。参加は無料ですが、作りたい方が材料をご持参いただくスタイルです)

 

 

1、A4サイズではなく、B3 or B4の画用紙(昨日、A4 画用紙と書きましたが、考えてみれば、画用紙は通常、Bサイズしかなかったかもしれません。よく売っているのがB3です。大は小をかねるので、B3 OK、 B4もOK!)

 

2、カッターとハサミ、そして、ピンセット!手で小さな花を扱うよりも、ピンセットが活躍します。

3、やはり、草花のご用意が肝心です。お庭のある方ならそれほど難しくないかもしれませんが、花文字に使える草花に制約があるので、それをお伝えしないと。

花は爪より小さければ小さいほどよく、案外必要なのが、葉っぱ。

大きさや素材から役に立ちやすいのが、カルーナとタイムの葉っぱです。そのほか、ハーブは細かい葉っぱが多いので便利です。カモミールとか。

特に使いやすいのが蕾です。もう寒さで咲かなくなったペンタスの蕾が活躍。

ちょうど鳥取の生産者さんから、とびきり小さなビオラが届きました。普通の花サイズと比べると歴然。こういう花があると便利ですね。フラワークラフトには。

使用する画用紙は、厚手のほうがしっかりとした土台が作れるのですが、画材屋に行かないとないかもしれません。なので、普通の文具屋の画用紙なら厚手を選びつつ、補強するテクニックをお伝えします。

 

4、器(花を水揚げしてKEEPしておくため、お花を水につけておけるプリンやヨーグルトの容器のようなもの)

————————————————————————–

5、あと必要なもの(*基本的に、こちらでご用意いたします)

オアシス、フロリストワイヤー、接着剤、お皿、爪楊枝、2018年の文字やロゴタイプ。

 

さて、撮影は、スマホが一番ですね。

スマホのソフトでいろいろとイジれて楽しいので

メールやSNSへの添付のバリエーションが広がります。

クリスマスのノベルティ・ビスケットをご用意しました。

サンカントサンクさんの手作りです。

ここちらは、Shade ノベルティのオリジナル・ビスケットです。すでにラインでご紹介している12日〜25日に開催の「ビオジュエリー」のShade におけるポップアップショップ開催期間中、5,400円以上のお買い上げでプレゼント。

(なくなり次第終了とさせていただきます)
私も一目惚れした「ビオジュエリー」まさに驚きの軽やかさは手にとってみなくてはわからないと思うのですが、また後日、「ビオジュエリー」のことを書きたいと思います。