blog

2017年12月29日

まだ寒い春に向けた刺繍ワークショップ

ウールフェルトの刺繍。冬の休暇に暖かな部屋でのんびりできたら….。秋の忙しい時期からそのことを楽しみにしていました。

今はまだ大掃除と整理整頓が忙しくてここまでしかできていないのですが、この作業自体はとても簡単で、小一時間も掛からずに、済んでしまいます。

絵柄のアウトラインになる毛糸を描きたいラインに配置して。

フェルト用の針でチクチクと刺して。ここまでで15分くらいでしょうか。

さらにその上にモフモフのフェルトを置いて。

それをまたチクチク刺す。

縁取りの糸でアウトラインを描いてあるので、モフモフは適当に色のグラデーションで。中央の花芯は別の色を乗せて。

この作業。どうしても夜の作業になってしまうので色だしが正確にできないのが難点です。やはり、色彩の仕事は昼に!といいつつ昼間はなかなか仕事に追われて趣味の時間の確保は難しいですね。

やはり昼!に限ります。

 

さて、このフェルト刺繍のワークショップ。

 

1月27日(土)11:00~に開催予定ですが、先日の予告の直後、即時、定員の8名様に達してしまいました。

 

そこで、作業自体は単純なものですので、午後の部をご用意しました。

 

午後の部は、13:30から

 

ということで新たに8名様の枠を設けました。ご都合がつきそうな場合は、1月4日(土)の新年open以降にお店にお電話でご予約をいただけると助かります。

 

 

参加費は無料ですが、ご用意いただくものが、5点あります。

1刺繍を施すための、お手持ちの素材(ウール系のストール、スカーフ、セーター、マフラー、手袋、腹巻、靴下など)

2フェルト針(手芸店、百円ショップなどで。当日、お店でも販売あり)

3フェルト台(ブラシ、たわし、スポンジなど)

4ハサミ。

5毛糸30cmほど(刺繍を施す土台の素材にマッチする毛糸。ご自宅にない場合は、色数に限りがありますが、私の毛糸から選ぶこともできます)

*モフモフのフェルトは、私の個人蔵のフェルトから、お好きな色をプレゼント。