blog

2018年1月30日

1週間後に、台湾に向けて出発!

台湾へは、1週間後の火曜日に出発です!そろそろ荷造りしないとですね。

四日間の海外旅行、って、スーツケースの大きさに悩みます。1週間以上のヨーロッパと違って、あまり大きなスーツケース(写真奥)は必要がない。というか。今までの二、三日の台湾出張では、いつも機内持ち込みだけ(写真左端)で旅していましたが、それは着替えをあまりいろいろ持たない前提で。移動はほとんど、ポーター任せですが、一回だけ、大きな台北中央駅で、新幹線に乗るまでが、どうかなと。

で、さすがに以前、10日間の台湾旅では、やはり荷物多く、そのとき、写真右端の中型サイズを3〜4日用の旅行にと、台北の中山(ゾンシャン)にあったRIMOA路面店で購入しました。国内の3〜4日の旅にも使うので。

 

(elite hotel の部屋から)

 

東京には、あい変わらず寒波が来ています。北側の屋根に積もって雪が解けません。それでまた週末に雪情報!?台湾の1週間予報を見ても、来週は、先週ほどは、気温が高いわけではなく、台北より気温の高い台中でも、最高気温が17度、最低6度。と結構低めです。やはり、寒いときに羽織れる軽めのコート、結局ダウンジャケットが、(小さくたためて便利)があったほうが良さそうです。でも、あのミシェランみたいな段ボコがいやなので、私はパーカーの下に着ますが)

こういうパーカーの下にダウンベストとかライトダウンコートの着用!おすすめです。

 

とにかく、出発日のその時の寒さが今のように猛烈に寒いと、嵩張るコートが必要かもしれません。私はそのライトダウン攻略で行くつもりです。台湾、湿気が強いので、軽いウエアが良い(重いウエアは湿気を吸って、なんか重たくなる感じ)

 

嵩張るコート。その場合は、羽田では、1日200円で預かってくれます。皆様のところにはツアーの書類が届いていると思いますが、そのなかのパンフレットをチェックしてください。

 

私の手紙も最後まで読んでくださいませね!

コメントでも、「預かりサービス」アドバイスをいただき、ありがとうございました。

 

気温が安定したハワイに行く時など、コートを預けるサービスが断然便利。しかし、冬の台湾は、結局、ちょっと寒い日などに持っているコートが役に立つこともあるので、前回も書いたように、どっちにでも使えるコートがあると便利だとは思います。

 

ただ、先日、書きましたように、両替などは、ツアーだと、どうしても現地では集合時間のことなどがあるので、全員がバラバラに動くチャンスが読めないので、現地では、多くの人が並ぶ時間などもロスと考えて、1万円程度の両替なら、国内で済ませておくのが安心です。また、バスのなかでも1万円程度の両替ができるとのことです。個人旅行なら、台湾に到着後に空港の両替所で両替が有利で時短。どこに何があるかを探すムダも無くなります。でも、何度もいうけど、両替率とか、大金を替えるわけではないので、効率を優先し羽田で済ませて。

 

空港までの荷物。カード会社によってはスーツケースの無料宅配や割引サービスなどもあるので事前に調べておくと良いですね。特にゴールドカード系は付帯サービスがいろいろあります。でも、その場合は、1週間前に予約とか、いろいろ決まりもあるので、要チェック。

 

台湾では、それほど、買い物することは、今までもなかったのですが、お茶は買いたいなあと、私は金宣茶(ミルクの香りがする)が欲しいですが。

世界一になったパン屋さんが3泊目に宿泊するEsliteホテルのすぐ隣のデパート、誠品生活の地下にあります。店の名前が変換できなくて、書くのをためらっていたのですが、だってこうして写真撮ってブログに載せるのも案外大変なのよね。私猛烈に忙しいし!睡眠時間を減らすほかなく。

 

誠品生活は、夜、結構遅くまで開いているので、九份から戻って寝るまでの時間や翌日の出発前までに行けそうですね。この地下にはいろいろな食べ物屋さんが入っています。今回の訪問先はハイセンスで高級なところが多く、台湾独特のワイルドな屋台などに行くチャンスが微妙なのですが、それはどうか、別のチャンスに堪能していただけたらとも思うのですが

 

私はそのパン屋さんのエッグタルトみたいなチーズケーキが食べたい!!!!

台湾の甘いものって、本当にデリケートで「甘みが淡い」のが特徴で、それが本当に美味しいのです!

セブンカルチャーの志田さんからも、

「エスリテホテルのお隣(くっついている建物)の地下2階に世界一になったパン屋さんが入ってます。

そこのパイナップルケーキもいいらしいです。夜遅い時間まであいているみたいですが、商品は残っているかしら??

 

http://taiwan.joshi-tabi.info/sweets/wu-pao-chun-cake/

 

http://taiwan.joshi-tabi.info/otherfood/wu-pao-chun-bakery/

 

 

あとはネットによるとホテルオークラ(タクシーになると思いますが)のパイナップルケーキもパッケージがおしゃれだと評判が。(ホテルオークラは、中山/ゾンシャンの街、近くに三越もあるので、三越で捕まえてもらうタクシーで帰ってくるのが容易です)

http://www.okurataipei.com.tw/zh-tw/%E9%A4%90%E5%BB%B3%E4%BB%8B%E7%B4%B9/The_Nine%20%E7%83%98%E7%84%99%E5%9D%8A(1F)

 

でもパッケージならなんたって『台湾のラデュレ』と言われている台中の宮原眼科です!宮原眼科は三日目のランチで行きますね。

http://www.taipeinavi.com/shop/616/

 

パイナップルケーキだけではなく、チョコレートやお茶なども美しいパッケージです。それと、これなんでしょう?????↓美し~い。

https://www.dawncake.com.tw/products_detail.php?t=1&c=88&n=852&k=1

 

 

以上は志田さん情報でした。いつもいっぱい調べてくださるので、助かります!!!ありがとうございました!!!

 

パイナップルケーキは空港の免税店でも、かなりのセレクトがあり、私のおすすめブランドも売っていますー。とにかく出発まで、風邪、インフルエンザに注意をして、どうか、ご自愛のほど。私も忙しさに巻きがかかって、これからしばらく、ブログの更新、微妙です。

2018年1月28日

2月の台湾は5月の東京

相変わらず史上最強の寒波が居座り続けていますね。昨日の渋谷区。bunkamuraミュージアムから車でShadeまでの裏道。坂が多くそこが全面アイスバーンだったりして最悪!でした。ムートンのコートは前をきっちり締めて歩くと全くあったかい!ですね。

 

新作のパンツの色はアイスブルーです!足が太くなっていやなんですが、下にヒートテックのパンツも履いてます。

なのに台湾行きのワードローブ、どうします!?

で、私は2月の台湾は4〜5月の東京。と、仮定しての服選びが良いかと思っています。

5月って、肌寒い日もあるし、ちょっと蒸し暑い日もある。

じゃあ、5月、どんな服を着ていましたっけ?

麻の長袖のシャツの下に一枚、着ています。男性は夏素材のジャケット。オードリー・ヘップバーンさんのご子息と(面影が似ていらっしゃいますね)でも薄手のウールも大丈夫な時期です。

なので、麻のジャケットやシャツは必携かなと。もちろん薄手のウール、コットンも!こんな感じで、麻やコットンのジャケットで、下に一枚、シャツなら、着脱可能。これにストールがあれば薄寒い時も対応できますね。

 

当然、羽田空港までは(来週の火曜日の温度を見ましたら、渋谷で最低気温−2度最高7度)寒いので、きっと軽い防寒コートは必要。なのでそれは旅の間、スーツケースに入れて移動するようですね。(小さく畳めるダウンジャケットなどなら、空港に預けるほどもないように思います。)

足元、サンダルあり?日月潭では、そういう気分もありましたが、夜の食事の時など、ヒールがあるとぐっと装いがアップグレードしますよね。

東京で着るチャンスのなかったLondon の egg で買った真っ赤なシャツワンピースを着たいな。とか。

ボタンを閉めるとワンピースになり、羽織ればコート風に。

同じ考え方で、この春、登場のフルールのシャツワンピース。

今は寒いので中にハイネックのウールセータを着ていますが、中に着るのをコットンTシャツにすれば5月の気分。体型を拾わないのが旅の間もリラックスウエアに。

フルールシャツOP(YG0123)

重ね着はシャツのアンダーでも、アウターにもできるので便利です。

フルール、パリの庭をイメージしてミモザやライラックを描いています。

青系は古代中国の正色なので、台湾の旅の気分にぴったりかも。

靴は昼間の歩き用と夜のヒール2足あればよいけど、セレクトしないと!

ブーツもありです。

この写真、冬の台北のごく一般的なルック。鼎泰豊の混みようを撮ったのですが、半袖の人もいれば台北の人はダウンジャケットが大好きらしく暑いのに着てる人も多かったり、長袖のパーカーなども多く見受けました。いずれにしても、夏は白っぽいけど、冬なので全体に黒っぽいです。

なので、私は、赤!着たい。

アベレージ。どこも街の暗さ。みたいなのを感じます。古い景色を大切にしているけれど、それが掃除されていないので黒い、みたいな。昔のイタリア、ローマもそう。最近のパリは掃除してノートルダムも白くなっちゃったでしょう。その違い。

ザ・ラルーを散歩中。シャネルのミニブラックジャケット。風を通すツィードなので、初夏のフランスで着るような服も合います。

あ〜っ!楽しみですね。

 

ところで、通常のガイドブックには「台湾入国の際は、パスポートの残存期限が3ヶ月以上残っていること」と書いてあったので、焦ったのですが、去年の夏に「帰国日までの残存があればOK」に変わったのですね。仕事で通っていた時期は、ネットでファストパスの申請をしていたので、入国審査はまったく並ばずにスルーできるシステムを使っていたのですが、あれって年に3回以上の入国をしないと無効になるのですね。個人で出入りする時はネットで申請したりしておくと楽です。そうしたインターネット上のサービスやWi-Fiの完備ぶりなど、一種、日本よりも合理的に進んでいるので驚くのです。

 

2018年1月27日

羊毛フェルトの刺繍 ワークショップ

とっても楽しかったです!皆様と羊毛フェルトのワークショップ。

それぞれの皆様が「持ち寄ったご自宅のウエア」に施す羊毛刺繍。

私のオリジナルテクニックは羊毛フェルトとニードルで刺すビーズです。

可愛い!

ワンチャンの洋服にお花とてんとう虫。茶色のプードルくんですって。

可愛い毛糸の小花。

本日皆様からお菓子やイチゴ!ありがとうございました!

素敵!

楽しかったので、リクエストがあればまた開催したいと思っております!

本日はお越しくださりあり、ありがとうございました!!!

2018年1月26日

すっごく寒いですね!!!

驚きました。先週、週間予報を目にした時、まさかマイナス8度とか。ありえないと思っていたのですが、今朝、我が家の庭で−7度。

 

厳しい寒さですが、毛糸のもこもこしたセーターを着るのに飽きてきたら、高密度コットンのこのシャツは、気持ち良く、かなり暖かです。

特に、シャツの下に、暖か下着を着れば、素晴らしいバランスです。(空気の層ができるから)で、逆に、ヒート下着にウールセーターを重ねるとモコモコしてなんかちょっと。

それから!今季、大おすすめのガーデナーズウエア、こちらは、麻素材なので、本格的な活動期は少し先になりそうですが。

もう、これからの春〜秋まで。大活躍間違いなしです!

ホワイトの他にカーキとネイビーがあります。

 

 

 

 

2018年1月25日

サンプル 追加登場!

店頭のサンプルに追加入荷がありました!

 

 

そして、明日から三日間限定でネットのセールを行いますー。

2018年1月25日

台湾情報

今、1台湾ドルは、4円ほどでしょうか?

 

ツアー以外でも台湾に行かれる方が、このところ少なくないようなので、台湾情報の追記です。

3泊4日の間、現金を使うこと。どの程度あるだろうかと考えてみました。道端の食べ物。誘惑多し!私、保護色のグレーです。

 

ツアーだと移動も食事も込み(今回は、きっちりとした食事は旅中、昼1回、夜1回ほど、抜けていますが)なので、そんなにはお金を使うチャンスがないかもしれません。個人旅だと、一日中タクシーに何度も乗るようになりますが。それでも、ちょっとたん時間にどこかでとか。何か、食べ物を買うとか、屋台へ?とか行く可能性もありそうです。

暖かい豆乳汁にユウチャオ。確か、これで、2〜300円くらいだったか。

台湾は、高級ホテルの宿泊費は、日本の平均より高めだと認識していましたが、屋台とか飯屋みたいな店のご飯は、すごく安くて美味しい。

かき氷。冬はあまり食べたくないかもしれませんが、美味しい!

これはタピオカ+ミルク+黒蜜 70元とかだと280円くらいか。

松山文創地区のこんな感じのお店での買い物はカードで。洗練された台湾デザインのオリジナルが揃っていました。

ユイエン。ぜひ、食べたい!!!九份の店で。

 

現金は、地元の人が行くような小さな店、屋台、カフェでお茶を飲む。いずれも3000円以内の出費。タクシーに乗る。などでしょうか。かなりの場所でクレジットカードが使えたと思いますが、例えば、最終日に誠品書店でお土産。あるいは、空港でお土産を買うなどはカードで済ませますから、必要な現金は、多くて2万円くらい?少なくて…???

 

台湾ドルへの両替は1から2万円くらいでしょうか。高級なところで外食するならカードだし。地元食堂や屋台風なら現金。屋台系はすごく安い。そんなにお土産も買わないかもしれないし。

両替は台湾の空港の方が率がいいのですが、それだと時間がないかもしれないし、それほど大金を替える必要もないですね。なので、羽田で済ます。

 

あー、でも、台湾茶の問屋さんにいきたいけど、時間的に難しいかしら?問屋さんでは、2斤(1200g)で最高級の高山茶が1000元(4000円くらい)問屋さんは現金ONLY なので、お茶を買うときは別枠で用意しないと…。

今も毎日飲んでいるので、買いに行こうか迷っています。朝は7:30から開店するので!

(ラルーの中を散歩するの楽しみ!)

Wi-Fi事情はかなり良くて、今までだと、空港についてから台湾のシムカードを買っていましたが、現地到着後は、その時間もないかもしれないので、「旅のしおり」に同封してあったお得な日本のWi-Fiルーターを羽田で借りていくのがいいかもしれませんね。何しろ、Wi-Fiルーターを持っていれば、スマホで日本への電話もできるし、メールもインスタもブログもできちゃいますものね。ホテルはおそらく無料Wi-Fiあると思いますが。

最後に泊まる ESLITE HOTEL http://www.eslitehotel.com/jp/

この時の夕食、九份でどれくらい何を食べるか、それ次第なのですが、予定では午後7時すぎに戻ってきて、チェックイン。隣のビルの誠品生活は夜10時まで営業しているので、そこで適当に軽く食べることもできる。タクシーで近くの三越へ行き、そこの鼎泰豊で食事。帰りは三越からなら、タクシーを確保しやすいという手も。

私の好きな包子の店は、帰りの足の確保が….

夜だとちょっと不安があります。

ホテルには、2種類のレストランあり。1Fは、軽めでウエスタンからオリエンタルまで揃う手軽なメニュー。2Fは、熟成肉のステーキレストランあり。

ホテルでタクシーを呼んでもらって住所を言えば、何処へでもいけるけれど、戻るとき、タクシーを拾うの、旅慣れないと躊躇があるかもしれません。でもそういうときは、大型の一流ホテルに一旦入って、そこからタクシーを呼んでもらうのが安心です。紙に住所を書いてみせる。漢字で通用するから、紙とペン。持っていると便利。

 

電気のコンセントが日本と同じで便利。アダプターはいらない。

お天気悪いかも….が気になるところ。でも、帽子。持って行こうか。要らないか?迷うところです。

 

 

2018年1月24日

台湾へ準備開始!

寒いですね。でも、あと10日ちょっとで台湾ツアーです。写真は2月の台湾で撮影した台湾の桜。最大の目的地、ホテル、ザ・ラルーのある日月潭の気温は、ただいま21度で暖かそうですが、私の住んでいる東京多摩地区は、ただいま2度。普段よりもずっと寒くて、今、日本じゅうが何十年ぶりかの大寒波に見舞われているとのこと、これがしばらく続きそうです。

 

あれ!?鳥取県でマイナス9度!?ヘルシンキより寒いですよ。鳥取のみなさん大丈夫でしょうか?!恵庭と同じ気温です。

こんなに寒いと温暖な地域に行く荷造り。ピンとこないですよね。

この写真は2年前の2月頃に台北に行ったときの写真です。

2月の写真。天気が悪いと案外寒かったので、21度にも適応する10度以下でも寒くないアウトフィット、両方必要なのが2月の台湾ではないかと思います。

旅のしおりと eチケット。私のところへは今日の夕方に到着しました。東京都内は大雪のせいで流通事情が悪かったので、まだ、明日の配送になる地域もありそうです。

 

今回は、3泊4日の間、ほとんどがエスコートなので、独自に動き回る時間がたっぷりあるわけではないのですが、ちょこっとした時間、(例えば1時間ほどは、散歩とか?)で動けるかも???何か到着が遅れたりしたら時間がないかもしれませんが、初日のホテル、ミラマーガーデン台北のエリアは中山區。最寄駅はmrt忠孝新生駅 http://www.taipeinavi.com/area/detail.php?area_id=23

 

忠孝新生駅の近くには、VVG Chapter http://www.taipeinavi.com/play/562/もあり、予約しても行きたいのですが。無理かなあ。「華山1914文創園区」もこのエリア。一応どこにないがあるか知っておいても損はないですね。

着いた日のディナーは淡水地区の山沿いにあるヌーベルシノワズリのレストランへ。ここは白っぽいお洋服が似合いそうです!この場所はツアーならでは。

今回は、自分でアレンジするには面倒な場所に、みんなで行こう!というツアーなので、アッディショナルで行きたい場所へは、やはり、フリーでちょこっと行けばいいのですが。

 

翌日朝早くには台湾新幹線で台中へ。新幹線の台中駅から10分ほどのところにある彩虹眷村http://www.taipeinavi.com/miru/143/に、ちょこっと寄ります!おじいちゃんの原色イラスト楽しみ!

その後日月潭へ。

ザ・ラルーではホテルの敷地内をゆったり散歩するだけでも幸せかと。なるはやでホテルに着きたいと思っていますが。

翌日、3泊目は九份の茶藝館で過ごした後、松山文創区のエスリテ・ホテルへ。到着の夜にちょこっと食べに出かけるのも、松山文創区には、歩いて行ける範囲に色々なお店あり。エスリテ・ホテルの隣のビルはおしゃれなデパート、誠品生活あり。この中に文化的な設備色々あり。

(松山文創区にあるカフェにて)

 

何としても小龍包が食べたい場合はタクシーで15分前後で行ける場所などへ?

 

最強寒波が来ているので、皆様どうか体調管理、お気をつけて。インフルエンザになんてならないようにあったかい鍋を召し上がれ!