blog

2018年1月25日

サンプル 追加登場!

店頭のサンプルに追加入荷がありました!

 

 

そして、明日から三日間限定でネットのセールを行いますー。

2018年1月25日

台湾情報

今、1台湾ドルは、4円ほどでしょうか?

 

ツアー以外でも台湾に行かれる方が、このところ少なくないようなので、台湾情報の追記です。

3泊4日の間、現金を使うこと。どの程度あるだろうかと考えてみました。道端の食べ物。誘惑多し!私、保護色のグレーです。

 

ツアーだと移動も食事も込み(今回は、きっちりとした食事は旅中、昼1回、夜1回ほど、抜けていますが)なので、そんなにはお金を使うチャンスがないかもしれません。個人旅だと、一日中タクシーに何度も乗るようになりますが。それでも、ちょっとたん時間にどこかでとか。何か、食べ物を買うとか、屋台へ?とか行く可能性もありそうです。

暖かい豆乳汁にユウチャオ。確か、これで、2〜300円くらいだったか。

台湾は、高級ホテルの宿泊費は、日本の平均より高めだと認識していましたが、屋台とか飯屋みたいな店のご飯は、すごく安くて美味しい。

かき氷。冬はあまり食べたくないかもしれませんが、美味しい!

これはタピオカ+ミルク+黒蜜 70元とかだと280円くらいか。

松山文創地区のこんな感じのお店での買い物はカードで。洗練された台湾デザインのオリジナルが揃っていました。

ユイエン。ぜひ、食べたい!!!九份の店で。

 

現金は、地元の人が行くような小さな店、屋台、カフェでお茶を飲む。いずれも3000円以内の出費。タクシーに乗る。などでしょうか。かなりの場所でクレジットカードが使えたと思いますが、例えば、最終日に誠品書店でお土産。あるいは、空港でお土産を買うなどはカードで済ませますから、必要な現金は、多くて2万円くらい?少なくて…???

 

台湾ドルへの両替は1から2万円くらいでしょうか。高級なところで外食するならカードだし。地元食堂や屋台風なら現金。屋台系はすごく安い。そんなにお土産も買わないかもしれないし。

両替は台湾の空港の方が率がいいのですが、それだと時間がないかもしれないし、それほど大金を替える必要もないですね。なので、羽田で済ます。

 

あー、でも、台湾茶の問屋さんにいきたいけど、時間的に難しいかしら?問屋さんでは、2斤(1200g)で最高級の高山茶が1000元(4000円くらい)問屋さんは現金ONLY なので、お茶を買うときは別枠で用意しないと…。

今も毎日飲んでいるので、買いに行こうか迷っています。朝は7:30から開店するので!

(ラルーの中を散歩するの楽しみ!)

Wi-Fi事情はかなり良くて、今までだと、空港についてから台湾のシムカードを買っていましたが、現地到着後は、その時間もないかもしれないので、「旅のしおり」に同封してあったお得な日本のWi-Fiルーターを羽田で借りていくのがいいかもしれませんね。何しろ、Wi-Fiルーターを持っていれば、スマホで日本への電話もできるし、メールもインスタもブログもできちゃいますものね。ホテルはおそらく無料Wi-Fiあると思いますが。

最後に泊まる ESLITE HOTEL http://www.eslitehotel.com/jp/

この時の夕食、九份でどれくらい何を食べるか、それ次第なのですが、予定では午後7時すぎに戻ってきて、チェックイン。隣のビルの誠品生活は夜10時まで営業しているので、そこで適当に軽く食べることもできる。タクシーで近くの三越へ行き、そこの鼎泰豊で食事。帰りは三越からなら、タクシーを確保しやすいという手も。

私の好きな包子の店は、帰りの足の確保が….

夜だとちょっと不安があります。

ホテルには、2種類のレストランあり。1Fは、軽めでウエスタンからオリエンタルまで揃う手軽なメニュー。2Fは、熟成肉のステーキレストランあり。

ホテルでタクシーを呼んでもらって住所を言えば、何処へでもいけるけれど、戻るとき、タクシーを拾うの、旅慣れないと躊躇があるかもしれません。でもそういうときは、大型の一流ホテルに一旦入って、そこからタクシーを呼んでもらうのが安心です。紙に住所を書いてみせる。漢字で通用するから、紙とペン。持っていると便利。

 

電気のコンセントが日本と同じで便利。アダプターはいらない。

お天気悪いかも….が気になるところ。でも、帽子。持って行こうか。要らないか?迷うところです。