blog

2018年2月14日

ストール大好き&ワークショップのストール

ソフィ・ディガーのストールです。なんとも言えない色調と、花のパターンは立体的で穏やかな調和。欲しいなあと思いつつ眺めています。こちらは只今、Shade のお店に登場しているものですが、このイメージに触発されたストール、そして、先日、お客様が身につけていらしたストールもヒントになって。それを、今度のワークショップで作ります。

 

その素材が届きました。この大きさ。このサイズです。

素材は、リネン&ウール。

縦糸が麻で、横糸が柔らかな生成りのウールです。

そのウールリネン素材の上に、フェルト・パッチワークのように施すアイデアです。

小鳥とか、葉っぱ、花、茎、ウールフェルトを自由自在に造形してそれをチクチク。素材に刺して固定します。切りっ放しの素材の端をウールフェルトでほつれ止めもします。

 

 

冒頭のソフィ・ディガーのストールのイメージのように、少し色を加えても良いですし、全部生成りでもいい。私は全部生成りで作ってみたいです。

 

というのも、この春、ホワイト系でたくさんの新作が登場するからです。

たとえば、新作の森のファウナ刺繍リネンのブラウスに足すのもいいし。

こうした白系のリネン素材の服に合わせるのも、リネンウールなら。

これから少しづつ春が来ても、肌寒い時に活躍しそうです。

それから、今は、新作も含め、パンツが多種類登場していて、足を温める起毛素材のバックフリースパンツや

ロイヤルブルーにこだわったシリーズも登場。

左が新作の春むけ鹿の子素材のロイヤルブルー。右は、それより少し暖かな素材で。

膝より少し上からラインを絞って、足の細見えでは最新の注意を払ってカッティングをしています。でも、先日、いつもこのパンツを履いてらっしゃる方のシルエットが今までと違って新鮮でカッコよかったので、思わず、「どこのパンツですか!?」と聞いてみたのです。「あら、Shadeのよ」

 

なんと、いままではMサイズを履いていたのだけれど、試しにLサイズにしたら、こっちのほうがよかったみたいで…。と。

 

私もそのほうが素敵なシルエットだと思って目を見張ったのでした。実にバランスって、重要ですね。履けるか、履けないかじゃなくて、シルエットが綺麗かどうかで、緩めを選んだり、少し細めを選んだりと。

新しい刺繍のデザインぜひチェックにおいでくださいね!