blog

2018年3月11日

宝塚から浜松へ

今日は、宝塚ホテルにて、イベントに出演。J:COM から、ダウントンアビーの新シリーズ放送を記念して、女優、水野真紀さんとトークショウでした。まじかで拝見して、本当に美しい女優さんで、うっとりしました。写真は宝塚駅にて、特急を待つ。

きょうはちっともポカポカ陽気ではなく、寒くて。このレインコートが完璧でした。ストールもね!

 

な。なんだ?このいろんな色のコウノトリの号車印。ほかにオレンジとか黄色もあるぞ!

でも私が乗るのは桃色の2号車なんだって。聞かなきゃわかんない。

 

さて、普段は車の移動が多い私ですが、箱根の山より西は、普通は、電車で移動します。去年の3月は、東名道を使って、車で浜松でしたが、4時間以上の連続運転と庭の肉体労働が同時日はきついので、滅多にそういうスケジュールは組みません。

で……でも….電車の移動がすごく、苦手です💦

いろんな理由があるので
この際理由は割愛しますが
で、でも。私が電車移動を嫌う最大の地獄が今日の私を襲ったのでした。
帰りの道筋を調べていると、
え?東海道新幹線が運転取りやめですってよ?

 

浜松ー静岡間で停電となっ?!

あああああああ、一番苦手な状況だぁー。

 

最初の笑顔の写真は、順調に指定席を用意してあった宝塚発の特急「コウノトリ」に乗る前。その前は、乗車の色が理解できず、オレンジや青の前に立ったりして不機嫌だった。

 

運休はわかっていたけれど、それが原因でごった返す新大阪駅についたのは18:30、駅はカオスでした。多くの人々が掲示板を見て呆然としています。

 

でも、立ち止まらず、ウロウロしないで、迷いなく、本来なら浜松に向けて発車するひかり号めがけて、25番線へ。(スマホの道順で、とにかく、25番線と覚えていたので)

 

そのまま野生の勘で小走り、 階段なんか、エスカレーターも探さず、目の前の階段を、キャスター荷物を抱えて駆け上がってものだった。

今日はツルツルのイギリス製 CROCKET&JONES の革靴。階段を駆け上がるなんて、本当はしたくはないのですが。なんか、直感で。

…..その場にたまたま、停車していた「ひかり号東京行き」に飛び乗ると、私の背後でドアが閉まった「ううっ!本当にこれで良かったのか?』

 

ダイヤは、2時間近く遅れているから、当然私は、本来なら2時間近く前に出発しているはずの、ひかり号の指定席は持っていない。あと2時間後に来るかもしれない指定席は持っている。
でも、考えることもなく。一直線にグリーン車脇にある車掌室に向かい、指定の書き替えを。その数分後には、グリーン車も満席でした。

あああ!嫌い嫌い。こういうの。自分ではコントロールのできない混乱に巻き込まれることが苦手。

 

立錐の余地なしとはこのこと。普段はガラガラの夜のひかり号グリーン車も、立ってる人でいっぱい!

 

でも、おかげさまで、無事に浜松に到着!明日は、はままつフラワーパークに開花直前植栽と、チェックに行ってきます!手に持っているのは、J:COMのZACくん。

写真を撮っていただいた直後にインスタにも載せさせていただきましたが久々にダウントンアビーのテーマ曲を聞いてキュンとなっていました。

 

このところ、絶大なる人気の水玉ジョウロのブラウスで。パンツはShade オリジナル美脚パンツ。

ジャケットは、PAUL SMITH 。胸にブートニエール。