blog

2018年8月14日

8月の末のヨーロッパ旅行だと何色?

とりあえず、どんな服を着ようかと思うに、まずは色ですね。

今度訪問する庭はこんなイメージ。写真は初日に訪問する

Liannes’s Siergrassen の本から。

PRAIRIEGARDEN

素敵なので、見てみてね。

リアンヌさんのグラスガーデンの夏の写真。

ちなみに、オランダ語で、Siergrassen 「装飾的な草」。

オーナメンタルグラスですね。

 

8月。といっても、上旬ですねきっと。

そして、9月きっとこっちに近いと思います。

なので、シードヘッドになった花への愛をこめて、この日は、こんな感じもいいかなと。

もともと、ダッチウェーブのニューペレニアルガーデンをイメージした柄なので。

こんなイメージ。でも、これだけでは肌寒い時のためにハオリものを。

ハオリをネイビーにすると暗くなるので、グレーか。オランダなので、オレンジか。

黄色いカーディガンかサマーコートも、いいかも!

全身ネイビーの服。(これはバタフライ)都会的で、東京で着るのには、ぴったり。

とっても気に入っていますが、いわゆる都会向き、パリやロンドン、NYの街ではカッコいいと思うのですが、カントリー。庭では、暗い色は。

黒~紺は、あまりマッチしない。葉っぱの色に近いほど、マッチするし、黒っぽくない方がいいかなと思っています。ダークグリーンで緑のリレーティブなのでマッチ。

ただし、柄が入れば、その柄行によって、中間色に交わる。

無地に見えるようだダークカラーだと庭では似合わない。それは、その服を着ている方本人の気分や感想というより、それを眺めることになる人の気持ち。

四半世紀以上の間、庭で写真を撮り続けていて、人間も庭の景色の一部なので、黒や紺一色の姿がどうも、不自然に見えていたため。

とにかかく、黒っぽいのはちょっと避けたい。

でも、濃い色はあり。

ロイヤルブルーなら、美しい。写真は、黄色い花に捕色っぽく映えるブルー系。

この方がリアンヌさん。この方のお庭に行きます!

6月の銀河庭園。まだ花の色味が爽やかです。6月は初夏。

でも、8月は、晩夏。ないしヨーロッパでは初秋です。ロンドンに住んでいた頃は、8月になると、セントラルヒーティングのスイッチをオンにしていたほど。

でも、今は温暖化の影響あり。

チェルシーショウで博光先生。グレーの麻ジャケットで。

夏のチェルシー。オックスブリッジ系の方々は、どピンクとかオレンジのパンツをお履きになる。一度博光が、濃いピンクのパンツを履いてイギリス人(洋服屋の社長さん)と食事にでたら「ハーハァ!オックスブリッジを狙ってるね!」とか、いわれて苦笑。

でも、夏のイギリスで(男子の)黒や紺のパンツは無粋と思っています。

やっぱり明るい色で!

なんとなく明るい方がいいって、眺め環境のためには。

場の雰囲気。やっぱり、人が作ります。なので、明るいほうがいいに決まってますが。

初夏じゃないので、(これは去年の)全身真っ白はさけつつ。

ストールとかハオリものに、秋の色を加えるようなコーディネートかなあ。

土曜日まで仕事に追われつつ、楽しく悩んでおります。

服なんてどうでもいいと思う方もあるかもしれないけれど、服で旅がうんと楽しくなる。って、本当に実感してきたので、工夫したい。季節の色のリレーティブ。

普段着ないような服だって楽しめます。

帽子に花をつけたり、スカーフ巻いたりと……。