blog

2018年10月30日

長野県 安曇野市 三郷文化公園 で花壇作り

これからスタート!というところで、安曇野市のキャラクター。

みずんと記念写真を。

今回は約8000株、絵筆、筆致を、お伝えして植栽する世界。多くの皆様にご参加いただきありがたいことでした。詳しくは、ガーデンブログへ!

 

[信州花フェスタ2019 ~北アルプスの贈りもの]
第36回全国都市緑化信州フェア≪2019年4月25日~6月16日開催!

2018年10月27日

ブルー@中之条ガーデンズ 

おかげさまで天気予報とは裏腹に昼間は雨も降らず、絶好のガーデン日和だった中之条ガーデンズ。

ボランティア参加のみなさま、そして、アシストしてくださったみなさま

本当にありがとうございました!

無事、チューリップ5000球とパンジー2600株が植わりました。

昨日の午後から今日の午前中は、特に私のアシストしてくださったみなさま四人で植え直しを。

多くの方々が植えてくださるので、お願いした通りになっていない場所や

植え方にばらつきがでて気になった部分や、いくつの苗の肩がでていたり宿根草の剪定の直しを。

そして、みんなで見ごたえたっぷりのバラ園の見学も…

博光が構造デザインをしたローズガーデン、まだまだ見頃が続きそうです。

アゲラタムも、霜が降りるまでは、まだまだたっくさんの蕾がでています。

 

 

この秋は、美しいブルー!

本日土曜日もShade lookでお手伝いをありがとうございました!!!

皆様が私のデザインしたガーデニングウエアを着てくださるのが本当に嬉しいです!

もう手に入らないウエアもあり、寂しいけれども。

庭仕事のために作ったウエアーは、擦切れるまで着てくれたら嬉しいなあー。

2018年10月25日

秋の庭 星の王子さまミュージアム・中之条ガーデンズ

観光庭園での秋の庭は、夏の庭の終わりであり、冬の庭の始まりでもあり。

というのは、夏からずっと美しく咲いていた花が終わる、その前に冬の間咲く花に植え替える。

本来は…..秋ならではのメインの花を楽しむ貴重な時期なのですが。

もう来月には霜で溶けてしまうダリアから、チューリップの球根とパンジーへ模様替え。

今期は、クリスマスと冬支度で三日間。

10基以上の寄せ植えを製作。春のチューリップの開花が楽しみです。

そして、今は中之条へ。

 

スパイラルガーデンに約5000球のチューリップを植えに。

お天気が良く、ま〜!気持ちのいいこと!

明後日の午前中にはアゲラタムのタネを収穫しようかと。すごい零れ種。

そして…このところ、NHK 趣味の園芸で河合さんの出演で中之条ガーデンズが紹介されました。

さすが河合さん。この咲かせ方、素晴らしいです。

で、バラが見事に咲いているので、どうしてもバラのアップが多く、バラの咲く空間のデザインがあまり紹介されなかったのはちょっと残念でしたが

たくさんの方々が見学に来てくださいました。

まだしばらく見頃が続きます!チャンスあれば霜が降りるまでは見頃続きそうです。

 

それから、今日の植え込みお手伝いくださって、ありがとうございました!

 

 

 

2018年10月21日

写真を撮るということ

今の時代って、写真。重要な位置を占めるようになってきましたよね。

我が家、今月は、自宅での雑誌の撮影が何度かあって、そのために必死で掃除。

なので、これが仕事といえるのか不明ですが、必死で掃除、整理整頓。

基本、今は、洋服のデザインはしていませんが、造園の仕事で猛烈に忙しいので、ゆっくりみっちり掃除の時間がとりにくいのですがコツコツ、アシスタントちゃんにも手伝ってもらって今月は日々日々、合間に掃除。整理整頓。の繰り返しでした。

もっと、やりたい!っとなるけれど、本業が忙しく、もっと頑張らないと!

それと先日、料理研究家の松田美智子さんの新居に伺い、その美しさにインスパイアされ。

それはもう、美しかったのでした。

(ちなみにこちらは数年前の写真)

昨日は雑誌の撮影でインテリアの正月花、10案と提案していただいていたのに、どうしても多めに用意してしまい….。だいたい、6案と言われると、8案用意。

8案用意と言われると11案は出す。

 

しかし。

10案って、もともと、結構な数です。10の異なるアイデア。自分でも恐ろしい気がしたのですが。それは、背景や周囲の景色の作り方もスタイリングもふくめて…。とにかくアイデアは多めに出す必要あり。

用意した花は、フェレノプシス・ミディで3案、シクラメンで5案、ポインセチアで3案、ポットマムで3案、カランコエで3案、セントポーリアで1案。リーガルベゴニア1案で10案。

 

(数年前の写真)

そのうち撮影しなかったものが5案ほど。花の撮影は、実際に目で見ていてOKでも、静止画になると花の向きはバランスが良くないことが多く、背景の影の入り方なども気にいらないと何度もやり直し。昔はポラロイドで確認していましたが、今はデジタル画像でカメラマンさんが持参するパソコンやiPadで確認できるので5回も6回もやり直すことあり。

それと10数カットって、日暮れが早いので4時すぎからは、自然光では撮れなかった。

今日は美しい光が朝から射してきたので、撮影に使わなかった花で、我が家に残った子で撮ってみました。(その場で解体してスタッフで分けたのでほとんどないのですが)

花って、本当に美しい!でも、明日は散るかもしれない。だから、やっぱり写真?

それとも記憶に留める?

最後の写真は撮影終わってアレンジを解体したポットマム コルコバード イエローとホワイト。シャープな花姿が美しく、脇芽から蕾がぎっしり!アレンジ次第で、和にも洋にも。

ただいま、惚れ込んでいる宿根草です。これから、一ヶ月ほどで、花数を増やすべく努力をしていく所存。やっぱり、宿根草が好き!

 

さて、来月は名古屋で講演会です!そのお知らせをガーデンブログにて。

まだ書けていませんが。申込み方法。メールだったら簡単にできそうですね!

すでにハガキでお申し込みいただいた方は、完全座席確保ということで!よろしくお願い申し上げます!

http://www.nga.or.jp/ (みどりの協会HPトップページ)
http://www.nga.or.jp/event/ (イベント紹介ページ)

●メールでのお申し込み
■宛先:midori-b@sc.starcat.ne.jp
■件名:名古屋緑化基金緑の講演会

■投稿フォームに下記をご記入ください。
①お名前
②ご住所
③お電話番号
④ご同伴者さま氏名(1名まで)
ごめんなさい。重複申込不可とのことでした。よろしくお願い申し上げます!
 

2018年10月18日

秋植えのヘレボラス苗 無料配布 @星の王子さまミュージアム

星の王子さまミュージアムにて、私の公開ガーデニングワークデーで素敵なイベントが決定しました!

日程は

2018年10月23日(火)

 

ミュージアムにお花の苗を提供してくださっている

エム・アンド・ビー・フローラさんからの、素敵なプレゼント!

「ミヨシのクリスマスローズ」の苗です。

星の王子さまミュージアムご入園のお客様先着30名様限定で、配布させていただきます!!

クリスマスローズは2019年春開花予定の苗とのこと。

数に限りがありますので、先着順とさせていただきます。

ゲットできた方はラッキー☆という感じになってしまいますが、

ご了承くださいませ。

 

 

配布開始時間は14時ごろ、

場所はミュージアム内クリスマスローズの花園を予定しております。

変更となる場合もございますので、

心配な方は当日スタッフにお問い合わせください。

※天候の急変など急遽止むを得ない事情などで中止となる場合はご容赦ください。

お問い合わせは星の王子さまミュージアムまで。

℡:0460-86-3700

2018年10月17日

庭の美しさを求めて 温故知新!

 

本日は、山梨県にて、講演会でした。

県の内外から、200名以上の方々にお集まりいただき、嬉しかったです。

誠にありがとうございました。

「魅せる庭」のお話をさせていただきましたが、実は最近、結構悩んでます。

自分が本当に美しいと思う景色と、日本で喜んでいただける一般的な庭の在り方。

どこかで、解離し始めているのではないかと。

ずっと気づいていたけど、徐々に溝が大きくなってきたような。

やはり、それは、21世紀の新たな庭のあり方を模索するからですが。

一般的に求められているであろう景色は、今だに20世紀のもの。

いえそれがダメというのではないのですが。実に美しいですし、でも。

新しいアイデアがなかなか受け入れられないなあ。と、いう感触に悩んでいます。

美しい庭。美しいインテリア。素敵な着こなし。

どれも、実は、TPOが大きく関係するでしょうし。

TPOはわきまえないとですね。

 

わかっていますが、日本固有種やこれからの気候で生き残る宿根草の庭。

ああ、でも、そうだ。それ、自分の家でやれば良いのだわ。

よその庭ばっかりやって自分の家は、白袴?!

来年は、新元号の元年。

仕事をセーブして自宅庭の改造にエネルギーを注ぐべきときがきたように感じています。

 

 

 

 

 

2018年10月16日

ロンドン トランスポート

昔、このダブルデッカーの二階では、結構、みなさま、タバコを吸ってましたねー。

今じゃ考えられない。

なんで思い出したかといえば、例の映画で、チャーチルが地下鉄に乗って葉巻を吸う。

労働者からマッチを借りて。印象的なシーンでした。

それと、すべての赤ちゃんはわしに似てる。というセリフも。

 

その地下鉄のなかでも、タバコが吸えたのは、1980年代も…車両のなかで!

でも、そんな地下鉄の車両で火災が起きてから禁煙になった。

今はもちろん、どこもかしも禁煙になりましたが。

このバスは新型のルートマスターですが、昔の2階建バスはこのようにドアがなくて、信号待ちで止まったときに自由に乗り降りできて、あの、自由さが良かった。

ピカデリーに出かけたときは、13番という番号のバスで家に帰ってました。

2000年に入ってからのロンドンはもう、別の国みたいな感じがします。