blog

2017年12月17日

2018のカード 追記

昨日のイベント。ご参加、ありがとうございました!

楽しかったなあ。こんどは、イニシャルだけのリクエストをいただいたので、3月上旬の花の頃に、それぞれが好きな文字。イニシャルをご用意して開催予定!3月のワークショップでは、あらかじめ、ご自分のお好きなイニシャルをあらかじめリクエストしていただき私がロゴをデザインしますね!

 

さて、以下は無作為に選ばせていただいたみなさまの作品。

昨日はお好きな書体を選んでいただきました。

こちらは若い方の作品。すっきりしていて素敵です。

それを

このように写真加工させていただきました。

このイメージをこのまま、刺繍にしても良さそうですね!

こちらも、少し加工しました。汚れを取ったり、色調を調整。

サインを入れるとまたいっそう雰囲気がでます。

同じ作品をさらに彩度アップ。

こちらも、色調がきりりとして、かわいくて。

それをいっそう鮮やかに変換。iPhone 7 puls の

ポートレイトモードで撮影しています。

この作品は、かっこいい!!!!!   それをさらに、シックな色調に変換。

庭で写真大会を。あいにくこのときは曇ってきてしまったのですが、夕方の光も美しかったです。

というわけで、この原稿を印刷に回せばニューイヤーカード。あるいは、インスタや新年のメールなどに使ってください。

次回フェルと刺繍は、1月27日(土)午前11:00~スタート、2時間以内に終了の予定です。予定しておいてくださいね!

2017年12月16日

12月のワークショップ報告

年末年始お忙しい時期とは思いますが、楽しいワークショップ。

本日は午前中に、水引、あわじ結びの作り方を。

なんだかこれ作るの脳の普段使わないところが刺激されます。

慣れて仕舞えばで数分で作れるようになるのですが、最初の初歩からスタート。小一時間で。

さて、午後からは、ニューイヤーカード作り。 

給水スポンジ(オアシス)を固定。今回はもっと簡便に固定しました。

新年の文字を切り抜いて。後ろ側からフロリストワイヤーで固定。

(ゼロの文字などが固定できるように)

給水スポンジの上に切り抜いた画用紙を

置いて。花の挿したいところに楊枝などで穴を開け。

花を挿していきます。長時間もたせたい時は、給水スポンジに水を含ませておきます。

ある程度の長さのあるタイムの枝ごとは、フロリストワイヤーでとめます・

バランスを見ながら。

今回は、Shade の庭にあったエリゲロンを中心に。

 

同じような花を集めた方がまとまります。

サインを鉛筆で入れて。

喪中の方がいらしたので、イニシャルもありということで、私が文字を書いてそれを切り抜いていただきました。

 

素敵!ここからは、すべて、参加した皆さまの作品です。

こんな風に、庭に置いて。

こちらも素敵。

写真の加工をまだしていないのですが、

加工するといろいろに変化します。

クローバーが入って素敵!

色が可愛い!

葉っぱがダイナミック。

力強い2018年です。

ブローチやアクセサリーを脇に添えて素敵!!!

とっても楽しかったです!

 

さて、次回、来年の1月27日(土)には、

羊毛フェルトのニードル刺繍のワークショップを開催予定です。

 

定員は10名さまです。参加費は無料です。材料の事など、

詳細は、後日お知らせをさせていただきますが、日程だけでも、先にお知らせを!

きっと皆さまも、お忙しいので….。

ご予約は、どうぞ、お店までお電話くださいませ。

03-6407-0032

 

 

 

2017年12月9日

12月16日(土)のワークショップ:追記

12月16日のワークショップ。

ニューイヤーカードの花文字の作り方では、

本日、来週のためのシュミレーションをしてみました。

2018のロゴタイプは私のオリジナルの書体です。これも本日制作。

自分だけで好きなように作るなら、どうとでもできるのですが、

いつも思うのです。作り方を分かりやすくお伝えするのは、案外難しいもの。

なので、繰り返しのシュミレーションを。

なので、ご用意いただくものを練習してみましたら、

午後の部。「ニューイヤーカード」制作。

実際に作りたい方が、ご用意いただきたいもの。(お問い合わせありました。参加は無料ですが、作りたい方が材料をご持参いただくスタイルです)

 

 

1、A4サイズではなく、B3 or B4の画用紙(昨日、A4 画用紙と書きましたが、考えてみれば、画用紙は通常、Bサイズしかなかったかもしれません。よく売っているのがB3です。大は小をかねるので、B3 OK、 B4もOK!)

 

2、カッターとハサミ、そして、ピンセット!手で小さな花を扱うよりも、ピンセットが活躍します。

3、やはり、草花のご用意が肝心です。お庭のある方ならそれほど難しくないかもしれませんが、花文字に使える草花に制約があるので、それをお伝えしないと。

花は爪より小さければ小さいほどよく、案外必要なのが、葉っぱ。

大きさや素材から役に立ちやすいのが、カルーナとタイムの葉っぱです。そのほか、ハーブは細かい葉っぱが多いので便利です。カモミールとか。

特に使いやすいのが蕾です。もう寒さで咲かなくなったペンタスの蕾が活躍。

ちょうど鳥取の生産者さんから、とびきり小さなビオラが届きました。普通の花サイズと比べると歴然。こういう花があると便利ですね。フラワークラフトには。

使用する画用紙は、厚手のほうがしっかりとした土台が作れるのですが、画材屋に行かないとないかもしれません。なので、普通の文具屋の画用紙なら厚手を選びつつ、補強するテクニックをお伝えします。

 

4、器(花を水揚げしてKEEPしておくため、お花を水につけておけるプリンやヨーグルトの容器のようなもの)

————————————————————————–

5、あと必要なもの(*基本的に、こちらでご用意いたします)

オアシス、フロリストワイヤー、接着剤、お皿、爪楊枝、2018年の文字やロゴタイプ。

 

さて、撮影は、スマホが一番ですね。

スマホのソフトでいろいろとイジれて楽しいので

メールやSNSへの添付のバリエーションが広がります。

クリスマスのノベルティ・ビスケットをご用意しました。

サンカントサンクさんの手作りです。

ここちらは、Shade ノベルティのオリジナル・ビスケットです。すでにラインでご紹介している12日〜25日に開催の「ビオジュエリー」のShade におけるポップアップショップ開催期間中、5,400円以上のお買い上げでプレゼント。

(なくなり次第終了とさせていただきます)
私も一目惚れした「ビオジュエリー」まさに驚きの軽やかさは手にとってみなくてはわからないと思うのですが、また後日、「ビオジュエリー」のことを書きたいと思います。

 

2017年12月8日

12月16日(土)のワークショップ

過日こちらのブログでお知らせさせていただいた、12月16日(土)のワークショップの、少し詳しい情報を。

 

まず、ご用意できる椅子の都合で、10名様限定とさせていただくことになったのですが、すでにご予約を頂いております。満席となりましたので、お知らせいたします。

 

申し訳ないのですが、こちらのコメント欄に参加のお知らせを頂いても、お店のインフォメーションと繋がっておりませんので、人数様の確認ができないので、どうぞ、03-6407-0032まで、直接、お電話ください。

(先日のコルミッコの時の写真)

また、見学だけの方は、予約も不必要です。どうぞ、手ぶらでお越しください。

実際に作ってみたい方は、午前中スタートの水引きの回は、11時30分から30分くらいです。

「水引き制作」は、各自、「ハサミ」と、「ペンか太めの編棒(ペンや編棒の腹で水引きを伸ばします)」をご用意ください。

こちらからは、水引き、1種類をご用意します。世の中には様々な水引きが売っていますので、ご自分で好きな色で作りたい方は、どうぞご持参ください。渋谷のハンズなどで売っています。

午後の部。「ニューイヤーカード」制作。

実際に作りたい方は……

用意するもの

1、A4サイズの画用紙(上記写真は白いフェルトマットで作っていますが、画用紙の方が簡単に作れるので、画用紙としました。)

2、カッターとハサミ、

3、お花や葉っぱ(小さいほど使いやすいです。写真をご参考に…)

用意できる花によって作り方が違ってきます。

4、器(花を水揚げしてKEEPしておくため、お花を水につけておけるプリンやヨーグルトの容器のようなもの)

————————————————————————–

5、あと必要なもの(*基本的に、こちらでご用意いたします)

オアシス、お皿、爪楊枝、2018年の文字やロゴタイプ。

作り方だけ見学で、写真を撮りたい方は、手ぶらで、どうぞ!!!

 

ニューイヤーカードは、13時半から、3時頃までに完成。光の綺麗な時間帯の4時までの時間に撮影終了。

 

繰り返しになりますが、見学や撮影だけなら、予約は要りませんので、気軽に遊びに来てくださいね。クリスマスにちなんだお茶とお菓子をご用意してお待ちしております!!!

 

 

2017年12月4日

『カルロ モレッティ』の作品

この冬、Shadeに登場したのが、

1958年にカルロとジョヴァンニのモレッティ兄弟により創設された『カルロ モレッティ』のヴェネチアングラス。
…..特別な存在感です。

カルロモレッティ は伝統技術と現代アートのデザインを掛け合わせた独自の作風により、
イタリアではヴェネチアングラスのトップブランドとして知られています。

実際にこのグラスで飲み物をいただくよりはまさに飾るため。

一輪挿しのように花を活けるのも良さそうです。

創造力と生産性が調和するfactory of orijinalsと呼ばれ高い評価を受けている。
ムラーノクリスタルを、空中で吹く技法で、もちろん、丁寧に
一つひとつ、彼らに手作業で作られた作品。
全く同じものはないと言えるでしょう。

ガラスの中に金粉が込められたものもあり、それが光に当たると格段に美しい。

光と色彩と祝祭の街。ヴェニスの香りを乗せて。

R0011752

 

2017年12月1日

12月 歳の瀬、今年も終わり…12月16日土曜日にイベント&台湾へ

あと31日で、今年も終わりです。ちょっと焦りますね。

 

今月もバタバタに忙しいのですが、来週はほとんど浜松にいるほか、さまざまな予定満載。

きっとみなさまもお忙しいことと思います。そんな中。みなさまへの、info お知らせとしてまして!

12月16日(土)にShade 駒場で、クリスマスイベントを開催いたします。飲んだり食べたりのパーティではなく、吉谷流のニューイヤーカードを描く、作るハンドクラフトのお教室のような、いえ、先日のニットカフェ、楽しかったので、それのハンドクラフトカフェ、クリスマス&ニューイヤー版です。楽しそう!ご希望の方には、正月オリジナル水引制作とカードの作り方とその写真撮影方法を。

以前からなんどか、ニューイヤーカードをこのスタイルで作ってきました。このカードは、2012年バージョン。その2018年バージョンを作ります。私が作った花のイヤーオブジェを写真に撮って印刷するもよし、メールやSNSにするもよし。

1から作品を私が作りますので、作り方もよくわかるでしょう。

この方法は、誰かから教わったものではなく、私がなんども作るうちにある程度完成したノウハウです。ご自分で作るもよし、私が作ったものを写真撮影して利用するもよし。ご自由に。

ご自分で作りたい方は、指の爪の大きさ程度のお庭の植物をご持参ください。

Shade の庭の植物も自由に使えます。それほど種類はないけれど。自然光の下で撮影するのも大事なポイント。お天気が良いと良いですね。

お席に限りがあるので、お店にお電話いただいて、ご予約ください。無料ですが、実際に作り方は材料の手配がありますので、おしらせください。

あああ”ー、これからまさに師走。限りなく忙しいですが、一年を飾るにふさわしい12月を過ごしたいものですね。

以前(2015年)当時、今年のベストテンをガーデニングブログに書いたことがあります。

http://blog.iris-gardening.com/archives/2015-12.html

ああいった事。ブログなどに書いておくといいものですね!

だんだん忘れちゃうし、後から思い出すのにも良いので。

それで、2015年はやっぱり、台湾、日月潭のラルーに行ったことがベストだった。

 

というか、ここ5年くらいの間で、ベストの思い出に残る訪問先でした。一泊だけでしたけれど、十分。

それを、来年2月に行こうとツアーを計画しています。東京はかなり寒い時期ですが、台湾は20度以上で暖かです。

8月上旬に予約確保したとはいえ、ザ・ラルーの宿泊の関係で、数部屋しかとれていないのですが、あと数名様に余裕があります。http://tabi.omni7.jp/7tabi/ab_tour/618701/

三泊の旅ですが、記憶の質は絶対に素敵になるはず….。訪問箇所は、タクシーを駆使しないと行かれない場所が多いのが特徴です。格安ツアーとかと比べると、完全にオートクチュールの旅となりますが、もしも、延長滞在をご希望される方は、飛行機の座席の確保の関係でお早めにお伝えください。

私は今の所、ツアーの予定通り三泊四日で帰ってくる予定です。どうぞ、ご一緒に!

台湾パンフレット吉谷

 

12月16日のイベントもご予約はお早めに。

2017年11月6日

明日から立冬!

三連休は、お出かけでしたか?

 

お天気がよく、秋らしい季節感が味わえました。

私は机仕事の合間にも、庭仕事がはかどったのはいいけれども、筋肉痛とその他のフィジカペイン(とほほ。ブドウの蔓を整理していたら合間に伸びたバラの蔓の棘が刺さってトゲヌキでもなかなか抜けず、痛いのなんの!)

 

10月までは、雨が多く天候を恨めしく思うこともありましたが、ここ数日は本当に良いお天気でしたから、庭のこと以外におしゃれの可能性も広がって…。

何を着て出かけるか、温度との関係で選べる種類の幅があるので、結構迷うこと多し。

でも、そんなとき、最近は、結局ネイビーの上下に収まってしまいます。安定感といいましょうか。

 

ビスリーツイルのコート。同素材のパンツも大人気でしたが、まさに安定感。そして、上下とも、伸びる素材です。旅行にすごい便利。

寒暖差はあるものの、大好きなジャケットは体型もカバーしつつ、ポケットもあり、インナーとトップスの重ね着が楽しめます。柔らかな単衣仕立てなので、この下にライトダウンのパーカを着たり、この上にウールやカシミアのショールを羽織ったり、寒暖バリエーションが自由にできます。そのためにも、シンプルトラッドなデザインです。

 

そして、今年のコートルックはどんな感じに?

メルトンのコートや

ツイードとキルティングのリバーシブルコート。

さて、明日はShade の庭でガーデニング、秋は夏の整理もあるので、本当に重要な季節ですよね。

森のトロル、コルミッコカフェも11/23を目指して追い上げ中。明後日は、北海道へ。行き帰りの空港や機内で編むのが楽しみ。写真は先日、鳥取で講演があった時の。

23日は、私が作ったコルミッコもチャリティ販売(¥2.000)いたしますので、見学、ひやかしだけでも、ぜひおいでください。当日は、編み物の熟練者が数名おりますので、編み方の基礎も学べますよ。