blog

2018年2月16日

2018 リネンスモック、登場!

 

 

今年の夏も暑くなるのでしょうか。ヨーロッパでは一年中麻素材を着る傾向がありますが、通気がよく綿よりも最適な仕事着として、着心地を最優先にボディラインを拾わない、日焼け防止のできるフード付きのガーデニングスモックを作りました。

 

イギリスで見た伯爵夫人の庭仕事姿のエレガントな印象をイメージして。

色は、グリーン、ブルー、ラベンダー(この写真の色実際と少しばかり、違いますね。実物のほうがエレガントな色調で素敵です)。

いずれも、スズメ蜂のアタックなどを避けるためと太陽光線を吸わないように、色調を明るくしています。

1日着たら、洗濯機で洗う気分で爽やかに着こなしていきたいと思っています!

 

 

2018年2月14日

ストール大好き&ワークショップのストール

ソフィ・ディガーのストールです。なんとも言えない色調と、花のパターンは立体的で穏やかな調和。欲しいなあと思いつつ眺めています。こちらは只今、Shade のお店に登場しているものですが、このイメージに触発されたストール、そして、先日、お客様が身につけていらしたストールもヒントになって。それを、今度のワークショップで作ります。

 

その素材が届きました。この大きさ。このサイズです。

素材は、リネン&ウール。

縦糸が麻で、横糸が柔らかな生成りのウールです。

そのウールリネン素材の上に、フェルト・パッチワークのように施すアイデアです。

小鳥とか、葉っぱ、花、茎、ウールフェルトを自由自在に造形してそれをチクチク。素材に刺して固定します。切りっ放しの素材の端をウールフェルトでほつれ止めもします。

 

 

冒頭のソフィ・ディガーのストールのイメージのように、少し色を加えても良いですし、全部生成りでもいい。私は全部生成りで作ってみたいです。

 

というのも、この春、ホワイト系でたくさんの新作が登場するからです。

たとえば、新作の森のファウナ刺繍リネンのブラウスに足すのもいいし。

こうした白系のリネン素材の服に合わせるのも、リネンウールなら。

これから少しづつ春が来ても、肌寒い時に活躍しそうです。

それから、今は、新作も含め、パンツが多種類登場していて、足を温める起毛素材のバックフリースパンツや

ロイヤルブルーにこだわったシリーズも登場。

左が新作の春むけ鹿の子素材のロイヤルブルー。右は、それより少し暖かな素材で。

膝より少し上からラインを絞って、足の細見えでは最新の注意を払ってカッティングをしています。でも、先日、いつもこのパンツを履いてらっしゃる方のシルエットが今までと違って新鮮でカッコよかったので、思わず、「どこのパンツですか!?」と聞いてみたのです。「あら、Shadeのよ」

 

なんと、いままではMサイズを履いていたのだけれど、試しにLサイズにしたら、こっちのほうがよかったみたいで…。と。

 

私もそのほうが素敵なシルエットだと思って目を見張ったのでした。実にバランスって、重要ですね。履けるか、履けないかじゃなくて、シルエットが綺麗かどうかで、緩めを選んだり、少し細めを選んだりと。

新しい刺繍のデザインぜひチェックにおいでくださいね!

2018年2月10日

森のファウナに出会って

東京はしばらく、雨が降っていなかったようで。台湾から戻ると、庭が乾いてた。

そこでまずは水やりを。Shade の庭に水をやるのが大好きです。

活性剤(VRNA)を入れた水を全体に撒いた。今日は少し気温がたかく。まるで初日の台湾より暖かだったか?という感じ。ところでこの服、動きやすい!

着ているのは、今年の新作パーカー。着心地の良さと、フードのボリュームで体型をカバーするデザインが秀逸なのです。真夏でも着られるわ。

それから、春にむけて、新作がぞくぞく登場しています。これはこの春自慢の。

それぞれの樹木のところにリスが小鳥がよりそう、森のファウナのドレス!

これは白。

 

私が着ているのがネイビー。

ほかに白とブルー。どちらもいい色!!

 

 

素敵なブルーとホワイトと。とってもすてきなのですよ!

さて、台中の「宮原眼科」で買ってきた、一番かわいいパッケージのお菓子。

みなさまにお土産で買ってきました。パリのお菓子よりも甘さを抑え素材の味が活きるラングドシャ。ブログで見たと言っていただければ、お試しに召し上がれ!

 

2017年12月6日

ついに、配置完了?

お天気がよくて爽やかな日々でした。寒かったですが。

おそらく…。ですが。全部配置終了。

4000株、と言っても、多めに用意があるので、実際は4千を少し下回ります。

種類は、まだ数えきれていないのですが。今回は、かなり。手強かった。

やはり、多かったので、大変でした。

立ったり座ったり。歩数はもちろん一万歩超えますが、この立ったりしゃがむの連続が大変!

それで、しゃがむの辛いと、立ったまま地面に植木鉢を配置すると、体が逆さになるので、逆流性食道炎の私には命取り。胃腸から食道で激痛。

なので、その都度、しゃがまないと配置できないのですが、色々工夫しまして。またそのことはいつか,,,。

 

履いているスカートは、アイルランド、デュバリーのツイードスカート。その下にShadeの美脚パンツ。スカートには、もちろん撥水性があります。デュバリーなので。トップスのジャンパーの下に着ているダウンベストもデュバリー。いずれも残念ながら日本では売っていないので、イギリスへ行く都度。デパートやフラワーショウで探します。

はままつフラワーパークは、ランドスケープが素晴らしい。

まるでイギリスみたいな芝生の美しさ。西洋芝ならではの冬の緑です。

そして、はままつフラワーパークの温室では、只今、巨大なクリスマスツリー。

今年はおしゃれなモノトーン。素敵です。

 

さて、みんなでこの四日間、頑張って作ってきたフラワーパークのボーダーガーデン。

写真は今年の5月5日ですが、来年の5月上旬、最高の見頃を迎えます。

ぜひ!花の色のお洋服で、見に着てくださいね。

 

 

 

 

 

2017年12月5日

急に冬らしくなってきました

はままつフラワーパークでずっと作業中です。かなり気温が下がってきています。

寒いので重ねに重ねて。

この秋、新作のパンツ 素材はほぼ一年中履けるトリアセテート素材なので、冬は下地にヒートタイプのアンダーパンツを履いています。これで暖かい。新色のカーキ色で。

いやしかし。4000株の植物の配置はそう簡単に終わりません。三日目に突入しつつ。きっと四日目でも終わらないかも。

 

咲き残りの秋バラ。秋冬は一度作と長いですね。

このビオラの名前をつけることになりました。まだ思いついていませんが。

気温が低く空気も乾燥しているようです。

皆様もどうかお気をつけて。暖かくしてお過ごしくださいますよう。

2017年11月16日

装飾の季節@星の王子さまミュージアム

駒場のShade でも、クリスマスの装飾を進めてきましたが、先日の星の王子さまミュージアムでは庭の植物の植え替えのほかに、イルミネーションも含め、大々的にクリスマスの装飾を進めました。

日暮れが早いので、イルミネーションや光を反射して輝くキラキラものが庭に欠かせません。

トワイライトがロマンチックです。

細かい作業なので、時間がかかるし材料もたくさん必要です。

おかげさまで好評につき、来年の1月7日まで会期延長。それにともないこちらもイルミネーション。

二日目の午前中。最初は、黒いコードしか届いていなかったので、先に黒いコードで暖色電球のイルミネーションで設置を始めました。コードを見えないように花の影に差し込みながら。

はい。こんな感じで。随分黄色い光だけど、温かみがあっていいかな?

後ろのライトは届いてから夕方やりましょうということで。

ところが午後に届いたライトがパールホワイトの寒色白。

よくあるのです。ネットで注文した色が実際に点けてみると色が違うってこと。

これでもう何度目かの体験です。でも、返品の時間などない。

仕方ないので、午前中にセットした暖色を全部外してやり直し。

お客様が絶え間なく撮影にみえるので、合間に大急ぎで。

電球がラインで線状に見えるのはよろしくないので、ライトの間隔が縦横同数で面になるように、ピッチを揃えて。

これでまだ完成ではなく。何度か目のシュミレーション。

手前と後ろでは、密度を変えないと遠近感が狂ってしまう。

手前多めに後ろ少なく。今は後ろが多く見えるのでまた修正を。

などとしているうちにすっかり日も暮れて。

今年はこれにて、私の星の王子さまミュージアムのワークは終了。また来年の春まで庭とお別れなのです。….ちょっと淋しい!

 

 

 

2017年10月13日

気温が急降下

10度近い、先日の北海道のような気温に下がった東京です。

今日は17度のパリの気温よりも低い!

やっとおしゃれができるー。という感じですね。

この秋、羽織るように着るジャケットやコートが登場しています

メンズスーツなどに使用される100%メルトンウールを使用したVネック、ノーカラーのタイプが、ずばりの今年らしさ。

 

すっきりとまとめるために、中に着るパンツとトップスは上下同じような色でまとめるのがおすすめです。はおる。この感じがかろやかで。いいですね。

腰周りがゆったりしていて、太ももなどにピタピタに布地がくっつかないデザインです。

 

パンツは、この秋登場したタック入りパンツ。

もうひとつが、裏側が起毛したあったか素材。形はタックなしのジョッパーズのシルエットで足がながーく見える設計です。(膝から下のラインを細見えにする)

 

こちらは白とグレーの2色展開。

さらに、WARMツイルのタックなしジョッパーズもあったかくておすすめ。

近くで見ると細かい千鳥格子のような細かい黒白のチェックになっています。

色調もいろいろ。合わせやすいので、この冬にむけて一着あると重宝します。

先日私が履いていたのも、このブルーです。

温度差疲労って、あるらしいですね。血圧などがついていけない。

私は先日の10度の北海道のあと、30度以上の東京でちょっと参ってしまいました。もともとちょっと疲れていたと思うのですが。

 

…昨日も暑かったのですが、下半身は冷やさないように少し温かめの冬用靴下、パンツも冬用。それで、上半身は半袖でしたが、そして、今日からは、長袖&ジャケットでお出かけできるとちょっと嬉しい。