blog

2018年2月9日

今日で終わり@台湾現代意匠芸術旅

今、空港です。旅が、空港まで、無事に終わりました!

写真は台中で訪ねた虹村。

96歳になってもお元気な黄さんにもお会いして。

ザ・ラルーを経て、オペラハウス(素晴らしかった!

 

九份で茶藝館の後、大急ぎで芋餅を食べに。そこからの景色。

 

最後の夜は、伊東豊雄さん設計のエスリテホテル。誠品書店の経営です。

洗練の空間。

台湾ビール。美味しい!

以前泊まった時と全く同じタイプのスィートルーム。

今回は、セブントラベルの渡邊さんが頑張ってくださり、素敵な部屋

九份から戻ったのは夜9時近く、10時まで空いているエスリエ誠品書店のビルの中にあるデパートにて小籠包を。

ホテルの中のザ・ギャラリーには5000冊のアートブック。

 

本を探してみているだけでも充実なのですが、今回はまったく時間が取れず。

まったく、予定を詰め込まないで計画を立てることのなんて難しいことでしょうか。

魅力の多い地域への旅は、それが逆にネックです。

 

 

2018年2月8日

台北から、台中、そして日月潭、また台中へ。

またしても、やってしまった。と、反省しつつの、内容詰め込み過ぎのツアーだったかと思われますが、それを止めてくれない旅行社の皆様にも、私は心から感謝。そして、さらなる感謝は、参加してくださる皆様へ、

 

順序逆の写真ですが、こちらは本日訪ねた台中の宮原眼科。名物のさっぱりアイスクリーム。

シャーベットとジェラートの中間、ライトテイスト。私たちのために日の丸を。

 

ここは、まさににユニーク。

お料理も、誠に、新解釈も加わった中華料理が美味しかったし。

お店そのもの。ここで働くスタッフ。

そしてこのインテリアデザイン。

またユニークなのがお菓子たちですが、それはまた次回に。

今朝までいたのは、日月潭のザラルー。蒋介石氏の、10ヘクタールもの別荘跡地に建つ絶景のホテル。

屋台で買ったフルーツ。釈迦頭と、パパイヤ、マンゴー、生のナツメ。いずれも甘く美味。

部屋のベランダで食す。朝。

 

釈迦頭解体前。美しい。

ラルーのディナーに合わせて準備したShade新作のワンピース。

光が飛んでしまいましたが、総刺繍です。

各ツアーメンバーのお部屋を訪問。お風呂に入りながら、湖を眺める構造。

暖炉のある部屋も!

基本的にスィートルーム。隣に寝室。その隣にシャワー、バス。

昨日のディナー。

夕方のバーにて。

ライブラリーにて。

プールサイドティールームにて。

日月潭湖のクルーズ。寒かったです。救命胴衣でなく、首の周りに巻いたダウンジャケット。

旅の内容。濃すぎて、書ききれず。すみません。

(続く)

2018年2月7日

ミラマーホテルから 春餘園子

無事、到着しました。旅はおかげさまで順調です。

春節前なのであちらこちらにお祝いの飾り。

 

逆さに飾ることで春が来る(福もありますね)倒春。(倒れるが来るという意味とか)

 

地震があってびっくりでしたが。(怖かった!長く続いていつ終わるのかと)

春餘園子のオーナーでこのお店を室礼やデザインをされたトムさんと。

2度目の再開ですが、3年前の訪問を覚えてくれていて嬉しかったです。

私は、あまりの寒さに中にダウンジャケットきてブクブクです。

お料理のコースが様々に続いてびっくりでした。おいしかったです。

昨晩泊まったミラマーの客室。この部屋にいた11:50すぎ。地震が長く続いて、ちょっと怖かったですが、このビルなら大丈夫!と、信じてじっとしておりました。部屋で見られるNHKBSでも、盛んにニュースが流れていますが、全く大丈夫ですので、ご心配なく!

 

では、本日これより、日月潭に向かって出発ーっ!

2018年2月5日

台湾ツアー、追記です

いよいよ明日からです!去年の8月からすごい時間をかけてきたので、なんだか、ドキドキします。イギリスやヨーロッパの庭のツアーは慣れているけれど、アジアのツアーは初めてなので。

地図はクリックすると大きく見られます。この地図は、参加の皆様にお送りした「台湾まるごとガイド」の10ページです。

 

最初に泊まるミラマーホテルは台中の街のド中心。

15分ほどの散歩で夜市があるので、元気があったら、ちょっと覗きに行くのもあり?

 

三日目に宿泊する、伊東豊雄さん設計のエスリテホテルは、地図の向かって右側。

比較的に新しく開発された地域で台北101(青い囲みの中)なども比較的近く、この写真はホテルの部屋から撮った写真。(できればタクシーで行くほうが。。。)

 

でも、世界一になったパン屋さんのあるエスリテ・デパートとエスリテ・ホテルは同じビルなので、近場で動くのもあり

同じ敷地内にすごく人気のあるおしゃれな書店カフェもあり。時間があればここでのんびりしたいですね。

九份で尋ねる茶藝館は女子の好む旅行ガイドにもよくでてくる水心月茶坊を予約してあります。

 

この有名な景色は雑踏なので、ここを逃れて、茶藝館にトランキュリティーを見つけられたら。

私が行ったときも、こんな感じでお天気わるし。でも、幻想的でした。

今回は、建築を眺める旅でもあります。台湾の中央駅の有名なホール。ここも行きます。

新幹線に乗って台中へ。その後、虹村などを見て、ローカルで食事、日月潭クルーズ。

そして、ホテルへ。台湾も例年より、4度ほど低いそうです。予想よりもあったかいアウトフィット用意して。この感じで12月下旬、20度以上でしたが今度は10度以下。

部屋からの眺め。

良い部屋だと良いのですが。個人の旅では、このとき、日月潭の元ホテルマンと仕事をしていたので、部屋の種類を細かく注文入れましたが。今、彼は、中国に行ってしまった。

楽しみなのが明日の夜の食事。

キラキラするような、輝くような格好で行きたいですが。

そのあと、もしも、夜市に行くなら、イキナリ・ドレスダウン。していくのも私らしさだと思っております。

行き先、ツアーでかなり組み込んでいるのであまりだらーっと過ごせない感じかもしれないし、自由行動も時間も少ないので。どうなのか、悩んだのですが、ちょっと時間でどこかに行くなら、必ず、ホテルでタクシーカードをもらって。(ちなみにこのスタイル、冬の台湾でちょうどよかったですが、今は、これじゃ、寒いはずです)

請送 我 返回 そして、ホテル名。漢字って分かりやすいですね。これは、エスリテホテルでもらったカード。凄くこき使ったのでくしゃくしゃに。これはホテルで必ずもらうといいですね。ホテルに帰る時、また使える。

だいたいの1流のホテルやデパート、お店からタクシーを呼んでもらうときは、ドアマンがリフェレンスカードにタクシーのナンバーも書きこんでくれるので、ちょっと安心感あり。

台湾へ行くと必ず探して買っていたのが、この乾燥マンゴー天然干しで砂糖が入っていないので素材の美味しさが引き立って、ヨーグルトに一晩漬けておくと最高のお味。最初は淡水にある農協みたいなところで買い。あまりにも気に入り探しまくったら、台北では三越デパートで売ってましたが、ちょっと高級なお土産やさんとか、オーガニック食材屋で発見。

ここのメーカーでなくても、「天然の台湾製」なら良さそうです。

さて!では準備万端、仕事も終わらせ、行ってきます!ちょっと寒いかもしれないので、小さく畳める軽量の羽毛ジャケットは必携ですね。

 

麻やコットンのコートの下にキルティングのダウンジャケットとか。

2018年2月4日

節分も過ぎました

先日は、皆既月食でしたね。物凄い月がでて、怖いような感じでした。スマホで撮ってもよくわからないけれど、それから雪が降ったり、自然には何も抗えない。よりそって馴染むよう努力するほかなく、それに合わせて寒くない服。すべらない靴。元気な感じで動けるウエアで。

疲れない、気持ちの良い服。

今年の私のガーデニングワークは、このパーカーが活躍しそうです。麻なので今は通気が良すぎますが、下にダウンベストやウエストコート着て。これで仕事は万端。

で、講演会とか、旅行は?海外に行くときは、やっぱり、「ハレの日」

どう考えても白になります。明後日の台湾は、台北の気温、火曜日は最高で12度、最低8度ですから、あまり気温は高くない。ウールの素材で良さそうなのですが、ちょっと季節の先取りのような、そんなスタイルをしたくなります。全体に白っぽいのがやはり、旅の気分でしょうか。ほかに今回は、赤や青など。黄色も。信号みたいになっちゃうでしょうか。

明後日からの旅行に参加される方は、どんなワードローブ、何を荷物にいれようか迷っていらっしゃるのではないでしょうか?気温、15度を下回るとすれば、やはり、肌寒かったりしますが、なにしろ、湿気があるので、すこしでも気温が上がると肌がべたつく。だから、夏には台湾には行けないなあと思っているのですが、ちょっとお天気がどうでしょう。

 

でも、雨の風景も素敵です。雨のときほど明るい色を身につけたいですね。

先日ご紹介したこのカーディガンは白も素敵です。

中に着ているブラウス。とろみのある素材で伸びるのですが、旅にはもってこいです。

やはり、コーディネートって、重ね着が基本かなあと思います。

素敵なハンカチ、やってきました、タオルっぽい素材の刺繍ハンカチです。

今回は、クローバー柄。可愛いです。

 

 

台北の夜景です。

昨日は、ウールフェルトのワークショップに早速お申し込みいただきありがとうございました!

どんな作品を作るのが楽しみにしていてくださいね!私がそれが欲しくて、自分で作ると同時にみなさまと一緒に!作っちゃえ!というデザインが基本になりますー。

2018年2月1日

台湾でしたいこと

繰り返し台湾に行く人は、どんなことに惹かれて何度もリピートするのでしょう。

食べ物は、本当に美味しい!街の景色は?場所を選ばないなら、結構微妙。異国情緒、異なる植生。

 

でも、それだけでないはず。何か。ちょっと、日本にない魅力が?

私は、日月潭のホテルと、台北のエスリテホテルに滞在しながら、その世界観に浸るのが好きでした。周辺を散歩して。それが、台湾ならでの経験でした。

日月潭は。。。。思い入れが強く、でも、実のところ、ザ・ラルーの敷地内にいるのが幸せすぎて、他の場所はろくに行かなかった。あまり観光的に擦れた場所は好きじゃないし、良いホテルでずっと過ごすのが好きです。

いわゆる観光地めぐりをしないのが、吉谷の個人旅行なのですが、今回は私たち専用のチャーター船で湖上クルーズをすることになっていますが。

 

実は、私は日月潭の遊覧船にのったことがないし、なんでも経験してみないと、わからないからと。(ベニスでもゴンドラに乗ったのは、初ベニスから20数年後、6~7回目の訪ベニで初めて。でも、乗ってみたら素敵でした)でも、チャーターにしても、90分間とするか、もう少し早めるか。悩むところ。90分は長いから、60分以内に。とか、いちいちうるさく注文を出すので、旅行会社の方は相変わらずの吉谷の横槍にいつも参っていらっしゃるのではないでしょうか。すみません、すこしでも満足度の高い旅にしたくて、繰り返し悶々としています。

日月潭で尋ねる團紀彦さん設計の建築、ビジターセンター、初めて。楽しみです。

日月潭のガイドはこちら

https://www.sunmoonlake.gov.tw/Japanese/#1

 

この春〜夏に注目のニット。Shade にやってきました。

台湾の旅行にもぴったり!特に後ろ姿が、本当にすてきです。

 

 

 

2018年1月30日

1週間後に、台湾に向けて出発!

台湾へは、1週間後の火曜日に出発です!そろそろ荷造りしないとですね。

四日間の海外旅行、って、スーツケースの大きさに悩みます。1週間以上のヨーロッパと違って、あまり大きなスーツケース(写真奥)は必要がない。というか。今までの二、三日の台湾出張では、いつも機内持ち込みだけ(写真左端)で旅していましたが、それは着替えをあまりいろいろ持たない前提で。移動はほとんど、ポーター任せですが、一回だけ、大きな台北中央駅で、新幹線に乗るまでが、どうかなと。

で、さすがに以前、10日間の台湾旅では、やはり荷物多く、そのとき、写真右端の中型サイズを3〜4日用の旅行にと、台北の中山(ゾンシャン)にあったRIMOA路面店で購入しました。国内の3〜4日の旅にも使うので。

 

(elite hotel の部屋から)

 

東京には、あい変わらず寒波が来ています。北側の屋根に積もって雪が解けません。それでまた週末に雪情報!?台湾の1週間予報を見ても、来週は、先週ほどは、気温が高いわけではなく、台北より気温の高い台中でも、最高気温が17度、最低6度。と結構低めです。やはり、寒いときに羽織れる軽めのコート、結局ダウンジャケットが、(小さくたためて便利)があったほうが良さそうです。でも、あのミシェランみたいな段ボコがいやなので、私はパーカーの下に着ますが)

こういうパーカーの下にダウンベストとかライトダウンコートの着用!おすすめです。

 

とにかく、出発日のその時の寒さが今のように猛烈に寒いと、嵩張るコートが必要かもしれません。私はそのライトダウン攻略で行くつもりです。台湾、湿気が強いので、軽いウエアが良い(重いウエアは湿気を吸って、なんか重たくなる感じ)

 

嵩張るコート。その場合は、羽田では、1日200円で預かってくれます。皆様のところにはツアーの書類が届いていると思いますが、そのなかのパンフレットをチェックしてください。

 

私の手紙も最後まで読んでくださいませね!

コメントでも、「預かりサービス」アドバイスをいただき、ありがとうございました。

 

気温が安定したハワイに行く時など、コートを預けるサービスが断然便利。しかし、冬の台湾は、結局、ちょっと寒い日などに持っているコートが役に立つこともあるので、前回も書いたように、どっちにでも使えるコートがあると便利だとは思います。

 

ただ、先日、書きましたように、両替などは、ツアーだと、どうしても現地では集合時間のことなどがあるので、全員がバラバラに動くチャンスが読めないので、現地では、多くの人が並ぶ時間などもロスと考えて、1万円程度の両替なら、国内で済ませておくのが安心です。また、バスのなかでも1万円程度の両替ができるとのことです。個人旅行なら、台湾に到着後に空港の両替所で両替が有利で時短。どこに何があるかを探すムダも無くなります。でも、何度もいうけど、両替率とか、大金を替えるわけではないので、効率を優先し羽田で済ませて。

 

空港までの荷物。カード会社によってはスーツケースの無料宅配や割引サービスなどもあるので事前に調べておくと良いですね。特にゴールドカード系は付帯サービスがいろいろあります。でも、その場合は、1週間前に予約とか、いろいろ決まりもあるので、要チェック。

 

台湾では、それほど、買い物することは、今までもなかったのですが、お茶は買いたいなあと、私は金宣茶(ミルクの香りがする)が欲しいですが。

世界一になったパン屋さんが3泊目に宿泊するEsliteホテルのすぐ隣のデパート、誠品生活の地下にあります。店の名前が変換できなくて、書くのをためらっていたのですが、だってこうして写真撮ってブログに載せるのも案外大変なのよね。私猛烈に忙しいし!睡眠時間を減らすほかなく。

 

誠品生活は、夜、結構遅くまで開いているので、九份から戻って寝るまでの時間や翌日の出発前までに行けそうですね。この地下にはいろいろな食べ物屋さんが入っています。今回の訪問先はハイセンスで高級なところが多く、台湾独特のワイルドな屋台などに行くチャンスが微妙なのですが、それはどうか、別のチャンスに堪能していただけたらとも思うのですが

 

私はそのパン屋さんのエッグタルトみたいなチーズケーキが食べたい!!!!

台湾の甘いものって、本当にデリケートで「甘みが淡い」のが特徴で、それが本当に美味しいのです!

セブンカルチャーの志田さんからも、

「エスリテホテルのお隣(くっついている建物)の地下2階に世界一になったパン屋さんが入ってます。

そこのパイナップルケーキもいいらしいです。夜遅い時間まであいているみたいですが、商品は残っているかしら??

 

http://taiwan.joshi-tabi.info/sweets/wu-pao-chun-cake/

 

http://taiwan.joshi-tabi.info/otherfood/wu-pao-chun-bakery/

 

 

あとはネットによるとホテルオークラ(タクシーになると思いますが)のパイナップルケーキもパッケージがおしゃれだと評判が。(ホテルオークラは、中山/ゾンシャンの街、近くに三越もあるので、三越で捕まえてもらうタクシーで帰ってくるのが容易です)

http://www.okurataipei.com.tw/zh-tw/%E9%A4%90%E5%BB%B3%E4%BB%8B%E7%B4%B9/The_Nine%20%E7%83%98%E7%84%99%E5%9D%8A(1F)

 

でもパッケージならなんたって『台湾のラデュレ』と言われている台中の宮原眼科です!宮原眼科は三日目のランチで行きますね。

http://www.taipeinavi.com/shop/616/

 

パイナップルケーキだけではなく、チョコレートやお茶なども美しいパッケージです。それと、これなんでしょう?????↓美し~い。

https://www.dawncake.com.tw/products_detail.php?t=1&c=88&n=852&k=1

 

 

以上は志田さん情報でした。いつもいっぱい調べてくださるので、助かります!!!ありがとうございました!!!

 

パイナップルケーキは空港の免税店でも、かなりのセレクトがあり、私のおすすめブランドも売っていますー。とにかく出発まで、風邪、インフルエンザに注意をして、どうか、ご自愛のほど。私も忙しさに巻きがかかって、これからしばらく、ブログの更新、微妙です。