blog

2017年11月23日

コルミッコのニットカフェfor charity

 

あ〜あ。楽しかった!本日は、ご参加くださったみなさま、誠にありがとうございました。

コルミッコをお買い上げくださったみなさまも、本当にありがとうございました。

お洋服にぴったり!!アクセサリーになればよかったなあと、こちらのコーディネートを見て思いました。

首から下げるの、すごく可愛い!今後はこうしたアクセサリーもいいですね。

本日のお買い上げチャリティ募金は年末に、宮城県のモリウミアスに向けて寄付をさせていただきます。このポスターは去年のものですが、毎年内容はほぼ同じ。

里山十帖でのコルミッコは今週末開催です。雪のなかで編み物。いいなあ。

さて、次々に買い手が決まったkolmikkoたち。私は実は、自分が作った子たちを

この缶のなかに暫く入れてありました。

缶のなかは、私が世界中でもっとも好きな香り。サンタマリアノベッラのポプリを敷き詰めた中に、一枚紙を敷いてそれで kolmikko に香りを移らせています。私が作る kolmikko の中身は、羊毛フェルトですが、そこにこの香りが吸い込まれるのです。

本日は、たっくさんのお菓子が大集合でした。お菓子やみかんの差し入れ!ありがとうございました。

なかには、こんなかわいいクッキー。初めて目にしました。

これは! おや!まあ。なんておしゃれ!

松田美智子さんのお手製編み針入れです。

素敵!私もこんな感じの手作りしたいです!

目や嘴がもっとも作りにくいかもしれないのですが、そういうパーツも買うことができました。

こちらの写真はすべて、山口県から、たっぷりのKolmikkoとお菓子とすてきなカードと、ぜんぶ、お一人の方から!びっくりするほどたくさんの、凝った作りのKolmikkoを、ありがとうございました!!!

これから、すべてのKolmikkoにシリアルナンバーをつけて、京都パークハイアットホテルのクリスマスデコレーションに飾らせていただきますね。世界中の方々が買ってくださることでしょう。

のんびりとした編み物三昧。

また開催してほしいとおっしゃっていただきました。

次は、いつかな?(こちらは、本日、目を引いた作品)

編み物ってどうしてこんなに心が無心になれるのか。そんな純粋な楽しみとチャリティがセットになって、心満たされるばかりですが。

このチャリティイベントの運営を続けていらっしゃる松田美智子さんやユリコさんを尊敬します。微力ながら、私たちShadeチームも、このムーブメントに参加させていただき、嬉しく思っています。

また来年も参加できれば嬉しいです。

今日は、本当に、ありがとうございました。

2017年11月22日

小さな自分だけの世界

クリスマスの飾りって、どうしてこんなに魅力なのでしょう。

 

この冬、Shade で扱っている飾りは、アメリカやヨーロッパからの飾りですが、とにかく。

なんていうか。小さな世界です。この小鳥は、各一点づつしか、仕入れていないのですが。

家や家の外。街や村。目に見える360度の世界を自分の好きなチャームの景色にすることは難しいですが、ちょうどこの写真くらいの大きさの景色なら、好きにできるでしょう?

私は、自分の家は、夫と二人で自分たちの世界観をできる限り思うように作り上げてきましたが、それも案外、時間が経つと難しい。物が増えたりして。

 

今は減らすのに躍起になっていますが。

でも、小さな世界に戻ってくると、やはり、好きな小さな景色は可能です。

ドイツのクリスマス飾り。北欧のも然り。やはり、この世界が好きですが、それも、小さな30cm×30cmくらいの世界なら好きな世界。作りやすいのではないでしょうか?

この可愛い動物の置きものも、この冬の新しい仲間です。

 

さて、嬉しいお便りをいただいています。

 

「毎年吉谷さんのクリスマスの飾りを楽しみにしています。
通りがかりのショップや連日パソコンで目が疲れるほど探していますが、テーブルツリーの足元やコードのお色がしっくりくるものになかなか出会えず、今年は早い冬の到来からかクリスマスショップも売れ行きが良いそうで焦ってきます。吉谷さんがセレクトされているテーブルツリーやイルミネーション、オーナメントを探すヒント教えて頂ければ嬉しく思います。」

 

ありがとうございました!

 

オーナメントを探すヒント。

 

それは、答えになっていないようにも感じるけれども、探せば見つかる。と、思っています。

東京でしたら、デパートはじめ、あちらこちらで目に入りますが。

 

昔は、ロンドンの町中をクリスマス飾りを探して歩き回りました。

大きなデパート。ハロッズやリバティ、ハーヴィニコルスにもいろいろ。

ドイツのクリスマスマーケットはその圧巻。

 

でも、その前に、雑誌でも、ネットでも、常日頃素敵だと思うものを目にしておくことでしょうか?

 

今日は夕ご飯を作りながら、You tube でBBC  Extraordinary Homes を見ていたのですが(最近はapple tv をテレビにつないで、フルサイズでネット画像の美しいものを選んで)非常に完成を刺激される(http://www.dailymotion.com/video/x5xyz0z

…..を見ていたのですが、感性を刺激されると、おのずと何かがそこへ、私を導いてくれる感じがします。

「bbc extraordinary homes」の画像検索結果

 

2017年11月21日

いよいよ23日にニットカフェ@駒場Shade

駒場で開催するはじめての。ニットカフェ。

お茶とお菓子をご用意して、編み物しながらおしゃべり。

編み物は、玄人はだしのメンバーが数人おいでくださるので、編み方がいまひとつわからない方にはいいチャンスですよ。ちなみに私の編み方はかなりいい加減なので参考にならず、ごめんなさい。

料理研究家の松田美智子さんも午後2時頃までおいでになっているので、センス抜群の松田さんのコルミッコも見られそうです。

 

さて、今日は、遠くにお住まいの方からコルミッコが送られてきました。

ありがとうございました!

23日に、主催の松田さん達に、お渡ししますね。

また、23日以降は、残念ながらShade では受け入れ態勢が整わないこともあり、Shade  での受け入れは、23日を締め切りとさせていただく方向ということで、よろしくお願い申し上げます。

 

編み物は苦手という方でも、どうぞ、お茶を飲みに遊びにきてくださいませ。

お待ちしております。

2017年11月17日

来春のために肥料

今朝は早くからバイオゴールドの土や肥料に大地肥という有機肥料をたっぷりとShade の庭に漉き込んでいただきました。早朝からみなさまで協力してくださり、本当にありがとうございました!

午後から一緒にお手伝いをしてくださったのは、ガーデンスモックを着たカッコいい方。

来春〜初夏に咲く宿根草40株ほどと、パンジー40株ほど。

球根もいろいろ。

日差しが気持ちよくて、ああ、こんな感じの気候がもっと長く続いてくれたらいいのに。

今年の五月に植えたバーバスカムも大きく育って。

ご近所の壁面にはツワブキの花が。

気づけば外は、まっくらに、最近は本当に日暮れが早いですね。

このダウンジャケット、軽くて暖かで最高ですが、今日の気温だと暖かすぎたかな?

本日は駒場までおいでくださり、本当にありがとうございました!

 

2017年11月12日

コルミッコの季節@Shade 駒場

恒例のコルミッコのポスターが仕上がってお店に登場しました。

私がよく履いている長靴とジョウロのデザインですね。

このブーツの紐は黒いですが。ポケットにコルミッコ。

そのポスターとクリスマスの飾りと、

クリスマスの雑貨も充実、

冬のメッセージカードやプレゼントに必ずつけるタグもかわいいです。

お隣の東大駒場の構内も徐々に秋の景色が始まって。

(⇧西出さん撮影)こんどは、紅葉と一緒に写真を撮れたら。近くの美味しいパン屋さんや東大の中のレストランに寄ったり。秋のお出かけに、どうぞ駒場にお越しください。晴れるといいなあ。

私が作ったコルミッコもすでに15個を超えました。編み物で心癒されながらもチャリティに参加できるのが嬉しいです。23日でお別れなのが寂しいので、せめて写真は撮っておきたいと思います。

2017年11月10日

冬のムード@銀河庭園

今朝は冷えました。早朝は、1度。でもあったかなウエアで問題なし。

それよりも

冬の植物の美しさに大注目。こちらは、シュウメイギクのたね。

@銀河庭園。ランドスケープの美しさ!

今日は、12色のツィード、表をきました

こっちの方が体感があったかいです。(続く)

2017年11月9日

秋の北海道 銀河庭園の美しさ

羽田空港から1時間半の千歳空港ですが、そこから車で20分の銀河庭園は、今まさに北欧か、イギリスのようです。

落葉したカラマツの上がフッカフカで。歩くと気持ちいい!

昨日は、10月並みの気温だったそうで、いっとき、すごい雨が降ったので、全身雨合羽だったのですが、雨が上がり、キルティングのコートを着ていたら暖かすぎるほどでした。

しかし、今日は気温5度。耳が冷たい。イヤーマフが欲しい。

手袋がないと手がかじかむような気温でした。

秋というより、ほぼ、冬のような…

でも。今年の新作コート12色ツイードのキルティングコートで快適!

それにしても。落葉を終えた木々のなんて詩的。

イギリスにいるみたいな光を浴びて、しばし、景色に見惚れます。

いえいえ、見惚れてばかりはいられない。

銀河庭園のスタンペリィの構造と植栽の見極めを。足し算と引き算の….。

スタンペリィといえば、チャールズ皇太子の庭のスタンペリィ(切り株の庭)が代表的ですが、スタンプ=切り株。が10年も経つと、やはり、朽ちます。

銀河庭園も10年前には、ここに素晴らしい切り株のゲートがあった。

今でもその構造は素晴らしくよくできていて。この残された切り株のゲートは、絵になる景色の大事なアクセント。なくてはならない空間の芸術。でも、何十年も有機的な素材を同じように維持するのは誠に難しい。

この庭の設計をしたバニー・ギネスさん。素晴らしい才能。でも、石と違って生木の寿命は短くて。この世界観を維持することの大きな課題に年々直面します。

とにかく広い銀河庭園。来春〜初秋には、ここにもっとたくさんの花が咲く予定です。

秋景色というか既に若干冬景色の中。景色にリレーティブするコートで気分は完全にマッチング。

時に、銀河庭園のがあるえこりん村の「花の牧場」で、イギリスのフランシスヒラリーのレザーハット帽やレザーエプロンを発見!お値打ちだったので思わず、買ってしまいました。