blog

2018年10月9日

明日は山形へ!

A2_0731

🔼 をクリックしていただくとポスターがでてきます。

明日は山形でインテリアと花と緑のお話を!

まだ、ゆっくりビルバオの感動の話もかけてなかった。

まだまだ一息つく余裕なく日々が吹っ飛んで行くようで。

嬉しいコメント、ありがたく拝見しております。

もうオランダから戻って随分経ちますが

まだ実は感動が続いていますから、もっと思うところを書きたいのですが。

私がテキスタイルをデザインした刺繍のワンピースも登場中です。

2018年10月7日

赤の季節@銀河庭園

この写真は、先月に開催されたガーデンウォークの写真(by ローズビィ樣)

ですが、まあ!見ていて楽しかったこと!

これからまだ、秋の庭。しばらく美しい日々が、紅葉の素晴らしいこともあるでしょう。

ぜひ!赤とか、オレンジ、夕陽に映える色のお洋服でお出かけを!

映えます!

今日の北海道は台風一過といって良いのかどうかわかりませんが

マジックライトが点灯!一足早い紅葉やダリアの暖色が実に美しくて!

この感動的な景色。もっと多くの皆様に見ていただきたかったです。

10月7日(日)明日は晴れる予想!

明日もきっと美しいでしょうね!

2018年10月4日

ランドスケープ

昨日は定期的に通っている浜松へ。

新幹線車窓から、富士山。

いつも、このあたりに差し掛かると車内アナウンスで

「右手に富士山が見えます」

それでいつも、思うのは

富士山は素晴らしいけれども、手前に見えるランドスケープの支離滅裂さ。

毎度、残念!と思ってしまうけれども、周囲で写真を撮る外国の人たちはどう思うのかしらと。

テレビでも報じられていましたが、浜松市は過日の台風の惨禍で大停電があり、はままつフラワーパークも2日間の停電で随分被害があったそうです。

樹々も根こそぎの倒木や、塩害で葉っぱが茶色になってしまい、厳しい眺め。塩分が付着して、電線もそうですが、草花や樹々の葉がこの夏の暑さもあって落葉か茶色に。

ちなみにこの景色はいつもの150mのボーダーですが、この眺めを修正するため生き残った植物の確認と次回植え替えのための位置移動の確認へ。

台風の後、気温が高いとヤブ蚊多めでとにかく蒸し暑い。これで、10月?

2020年の完成を目指して、天竜浜松鉄道 二俣駅。

庭だけでなく、この駅の景色も修景させていただきたいと。

基本の形はいいかんじで、ケイパビリティがあるので。

この雑草の場所を庭にします。12月上旬から工事開始。

この植栽地に植える宿根草のセレクションを7月からずっとしてきたのですが、まだまだ土質もよくわからないので、試行錯誤中です。それより、構造を。

フェンスのデザインを先に。

台風が来る前からずっとこんな感じでしたから、修正のやりがいがあります。

特に、がっちりと修景をしたいのは

この三種類のフェンスがバラバラに集まっているところなども。

ぜひ、お楽しみに。

夜は、浜松のホテルにある中華レストラン「鳳凰」の中国薬膳料理が素晴らしいのですが、その岡部悟料理長の黄綬褒章のお祝いに、ひょんなことから私も…..。

薬膳料理の美味しさに夢中になります。「鳳凰」浜松にいらしたらぜひ!

ほぼ最終に近い電車で東京に戻る。

明日は北海道へ。

台風25号が心配ですが、

今月は来週に山形県と、再来週は山梨県で講演会。

10月22日〜24日三日間は、星の王子さまミュージアム公開ガーデンワーク。

25日から26日、(27日は予備日)で群馬県中之条ガーデンズの秋の植栽。

25~26日は、例年通り、植栽ボランティアさんを募集しています。25~26日は、朝9時集合で(午後から参加もありです)主にチューリップの球根、一年草、宿根草を植えます。

10月29日から31日は長野県安曇野市三郷公園の植栽。こちらも植栽ボランティアさんを募集しています。現地集合詳細は、はっきりと決まり次第こちらに。

こちらも、7500株球根4500球の植栽で数が多いのでそのセレクションと配置を考えるだけでも三ヶ月を要してきてしまいました。でも、来春が楽しみです!

/\
/\/    \/\
/               \
/ 信州花フェスタ2019 ~北アルプスの贈りもの~
第36回全国都市緑化信州フェア≪平成31年4月25日~6月16日開催!
http://www.pref.nagano.lg.jp/ryokka-fair/outline.html

2018年10月2日

今週末 銀河庭園で!

 

このところ台風が来るたび、戦々恐々でしたが、銀河庭園は、今ダリアが満開です。
私は今週、金曜日から3日間、植栽の調整とガーデンイベントのために銀河庭園へ!

広々と開けた牧場を背景に青空とアプリコット色のダリア。
それにフェンネルとバーベナボナリエンシスのミックス植栽の大ボーダーは今年初登場のダイナミックな眺めです。

今、北海道の旅行は、「ふっこう割」が登場。最大70%offとのことです。

飛行機と宿泊がセットになったパックがよさそうです。 

銀河庭園と同時に北海道は今、食べ物が美味しいし、気温はすでに20度以下ですが、爽やかな秋の風を一足早く感じる旅に。

私個人としましては、十勝千年の森も良さそうだなあと思っております。

やはり、北海道の気候は、ヨーロッパ的な庭が可能ですものね。

 

ドレスカラーコードのガーデンウォークでは、秋のスワッグの材料も探してみたいなあと思っております。

10月6日開催のイベントは、10月3日が、締め切りです。どうぞ!お待ちしています!

http://www.ecorinvillage.com/ecorinvillage/ginga.html

2018年10月1日

未来への心延え…..

先日のコミカレでは、遠くからおいでいただき、本当に嬉しく思いました。ありがとうございました!

キャンセル待ちがでるほどに、多くの方々に興味を持っていただき、また遠く長野県や栃木県ほか、旅路には躊躇する、台風予報がでているのにもかかわらず、ご参加いただき嬉しかったです。お茶とお菓子。

そして、オランダツアーで出会った宿根草、サクシセラの写真のファイルやオランダの草花タネのセットなど。

講座が終わったあとは、みなさまで立食パーティをしたいほど、同窓会(Shade の同窓会も!)でした。なるべく全員個々にご挨拶をと思ったけれども気が散って、ごあいさつをできなかった方々にごめんなさい。

そして、こちらのコメント欄には、本当にすてきなお言葉をいただきました。全部を掲載させていただきたいほどですが、なかのお一人の方のコメントを。

 

「オランダツアーに参加させていただきました。

素晴らしいツアーでした。心の底から参加してよかったと思います。
ツアー後、体に「気」が満タンに充電されたような、満ち足りた感覚でした。

実は、旅行の後、撮った写真を交換したりするのに、参加者の方々のご連絡のついた方で、LINEグループをつくりました。
今でも連絡が時折入り、そのたびに、あのオランダツアーの気持ちや空気感を思いだして、明るい気持ちになります。
明日の講座の後、食事の約束をされているやり取りが、遠くに住んでいるものとしては、うらやましくてたまりません。
なぜ、旅行後もあのツアーのことを思い出すとこんな前向きな、いい気持ちになれるのかと不思議に思う節がありましたが、今日の先生の記事を見て、はっと気付きました。
先生を始め、関わられた方々、参加者のみなさんの「心延え」なんだ、と思いました。
本当に素晴らしいツアー、出会いでした。

先生、このようなツアーをこれからも続けて下さい。参加できるよう精進いたします。」

本当に、ありがとうございました。なんでこんなに初対面でみんな仲良くなっちゃうのかなというほど、類は友を呼んでいるのでしょうか。

本当に、「このようなツアー」は、いつしか、私の生きがいみたいにもなっていて、また、このツアーを支えてくださっているスーパー添乗員さん、スーパー企画員さん、特に今回はオランダ側のコーディネーターさんにも凄腕が揃って、現地添乗の方も、バスの運転手さんも最高のパーソナリティが揃ったので、奇跡のようなツアーだったかもしれません。ただのツアーではありません。

 

来年のツアーも実は着々と計画が進んでいまして。

2月と、そして、6月の方向性があります。

講座の内容のことはこれから詳しくディノスガーデニングに記していきます。

http://dinoscecile-s7sq.movabletype.biz/garden/keiko_yoshiya/

心延え。心生え。心映え。そういう、顔の表情のような

人間のアティテュード。のような….。

輝かせるのは、自分次第だと思う。

 

2018年9月28日

心延え….

また、大型の台風が近づいているようです。

これも温暖化の影響と言えるのでしょうか。心配です。

明日の、池袋コミカレで開催されるイベントは、新・宿根草主義の庭。イギリスやこの夏に訪ねた庭の潮流をもとに、これからの私たちがどのように暮らしを楽しんでいくか。

というような話題にまで、広げられたらいいなあと思っております。

直接、園芸の、こんなふうに育てます。というような話もあわせたいと思っていますが、

この記事は、「暮らしの手帖」誌のコラムですが、ちょうど、私がなにかの記事で協力をさせていただいたときに頂いた号で見つけた。

腑に落ちて、その「心延え」の栄養になるような。

明日の講座では、そんな発見も、できたらなあ。

と、今年のオランダツアーも、結局、ご一緒にご参加してくださったみなさまの心延えが素敵だったことが、特に、旅行を充実させてくれたようにも思いますが。

天候とか、顔わせとか、いろいろな偶然に恵まれた旅。

明日の天候が心配ですが、どうか、台風があまりすごいことにならないよう願うばかりです。

 

2018年9月26日

吉谷博光展〜30日まで

宗派は……? 草花派。といいたくなるまさにキリスト教の宗教画と思ってしまう作品です。

クチナシにミツバチ。テンペラ画です。

フリチラリア。

アリウム。

 

そして、焚き火、煙のシリーズは、神道の御本尊っぽいですね。

シリーズであります。

レリーフのシリーズと、

ストロング&ハンサムのレザーチェストの作品も。

奥には、木口木版の作品集も。

〜30日まで開催です。作家はほぼ在廊している予定です。