blog

RIFLE PAPER のステーショナリー かわいいです。

2017年09月6日

 

ぜひ、お店にお越しいただき、お手に取っていただけますように。

小さなカフェ風のコーナーもご用意いたしました。

新登場!

2017年09月4日

数年前にニューヨーク、ブルックリンで初めて見つけて夢中になったRIFLE PAPER のステーショナリー。

 

ついに、Shade 駒場に登場です!以来、こちらの作品は今まで、ロンドンに行くと、フォートナムメーソンのステーショナリー売場(日本でいえば、銀座和光の高級文具売り場のような)で、購入していたのですが、実際に、アメリカ製なので、結果的に、厳重にタックスもかかってすこしばかり割高なのを我慢していました。

 

で!嬉しいのは、ロンドンで買うより安価なこと!額に入れて飾ってもかわいいですよ。シルクスクリーンのような質感が。

心癒す素敵な絵、色柄、素敵なカードが揃いました。

 

また、「A cup of tea」 の時間のための、食器類も揃い始めました。

コスモスのお花のシャツがぴったりの気温ですね!

本日、月曜日、OPENしています。来週から今月は、(日)、(月)とお休みします。

営業日変更のお知らせです。

2017年09月2日

すっかり秋らしくなった東京です。おしゃれ本番の季節に、お知らせがあります。
 *
2012年9月。シャツのデザイン10案を出したのが最初で、丸5年になります。最初は、シャツ好きの私が考える、シャツに力を入れたブランドとしてスタートしました。
 
でも、そのうち、テキスタイルデザインに力が入りだして。ヘレボラス、アネモネ、ヴィオラなどたくさんの庭の花を描いてきました。
もちろん正確には、最初のお店をオープンが、2013年3月なので、来年2018の2月にならないと、丸5年とはいえないのですが、ガーデンデザインの仕事のほか、本や雑誌、ブログの連載などこの5年間は思い出してもびっくりの忙しさでした。
そのスタート時から、Shade のチャーミングなスタッフとして手伝ってくれたシバちゃんが、お家の都合でこの9月8日を最後にお店を卒業します。寂しいし、とても残念ですが、これからは、店長の西出さんとマコちゃんの二人になります。
当面の間シフトがまわりづらくなるので、お店のお休みを増やすことにしました。
今後は、日曜と月曜をお休みにする方向です。
月曜はシフトがまわりそうであれば、イレギュラーに開ける計画もありますし、今度の月曜日、9月4日は、もちろんシバちゃんもいて、OPENします。
 
9月のお休みは
10日(日)、11日(月)
17日(日)、18日(月)
24日(日)、25日(月)
になります。
 
10月は、
1日(日)、2日(月)
8日(日)、9日(月)
まで、お休みが決まっています。
 
10月は3日、4日で、お見立て会の予定をしています。気温も下がって、庭の花もこれから夏のダメージから回復させる計画をしています。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

秋が近づいて….

2017年09月1日

南向きのShade の庭、太陽が一日中(少なくとも8時間)当たっていたことがなかった。

雨が多すぎて、スカビオサ、センニチコウ、コスモスなど、これから見所と期待していた花たちは、葉どころかとにかく茎ばかり伸びて。。。先日かなり切り戻しました。いっそ、もっと半日陰を好む植物を植えておけばよかったものを。と。

 

それにしても、ジニアは雨にも負けず元気です。もちろん、バーベナ・ボナリエンシスも。

 

シュウメイギク、ベロニカロンギフォリア、アスチルベ、キキョウなどか。増えてしょうがない星の王子さまミュージアムのシュウメイギク、少しもらってこようかしら?

今回の庭づくりは、実際に着工できたのが時期を外した五月だったので、絶対に良い時期は10月!来春の成功を目指してこの秋は頑張りたいですが。

これから本格的な秋で佳境に来ている、私が作る銀河庭園、中之条町「花の駅」スパイラル、星の王子さまミュージアム、

はままつフラワーパークほか、また、この秋、来週は長野県へ(まだ、そのプロジェクトに参加するかどうか決めていません。お断りするとしたらスミマセン!)、その後、浜松、淡路島、その後、北海道、鳥取へと。でも、じっくりと庭と向き合う時間は、人生に、とても大切だと思います。

暑かったので、重ね着なんて無理でしたが、この秋の新作、伸びる素材で作ったジャケット風ショートコート。

同じ素材のパンツはすでに登場していますが、デザインは非常に基本的なものですが、素材の着やすさはこれまでになかったものです。

 

 

 

秋の気配、中之条町

2017年08月31日

明日から、9月ですね。8月終わりの二日間は、中之条町にいました。

涼しくて、21度。お天気はいまひとつでしたが、とても快適な気温。

来年の7月の庭の完成に向けての、繰り返しの打ち合わせでしたが….。

ものごと。思ったようには、そう簡単に前に進まないですねぇ。

さて、中之条町には、四万温泉ほか特色ある温泉がいくつかあります。

「花と湯の町」中之条。仕事に来たときは泊りがけの場合、温泉に泊まること多く、何度来たのか数え切れませんが、それぞれに特徴のある旅館と出会うと嬉しくなります。

ここは、「いずみや」さん。

それからもう一つ、こちらも四万温泉、ニュータイプの「ひなたみ館」です。こちらも部屋にテーブルと椅子があってくつろぐ。いずみやさんも、ひなたみ館も、お風呂がプライベイトでひとりで入れるのがいい。そのほうがやはり、リラックスします。

仕事で来ているので致し方ないのですが、ここで仕事もはかどります。

こちらは朝食。中之条はお米も美味しい。これからは、りんご収穫の季節。

そして、9月9日から、中之条ビエンナーレがスタート。

10月21日(土)には、中之条町「花の駅」で私の「ガーデニング講座」を開催します!!!

OPEN from 8月30日から!

2017年08月29日

 日本橋三越本店でのPop up Shop に、お越し下さったみなさま、本当にありがとうございました。

1週間の間、駒場のお店をクローズしていたので、庭の手入れも兼ねてリ・オープンの準備へ。

小鳥ちゃんの付いた看板をデザインして、運びこみ。ほかにも幾つかの家具類の搬入があったので、まあ、滝のような汗をかいた1日でした。

Shadeのお店の入り口、東北沢側から歩いてくると、見落としそうな角度にあるのでずっと気になっていました。

それで、看板を!と、ずっと言い続けていたのでした。小鳥のグラフィック・デザインは、もちろん私。構造デザインとシルクスクリーン印刷で看板のペイントをフィニッシュしたのは、夫。木工作業は、我が家を作ってくれた大工の岡部さん。と、外注ならぬ、ほぼ内注の看板ですが、まるまる1週間がかりで完成!!

 

8月は20日以上もの間、ずっと雨が降っていました。初めての環境で今年の夏は思い通りに行っていませんが、ジニアが頑張って咲いていました。

バーベナボナリエンシスでさえ、倒れてしまっていて、やはり、夏の植栽、なかなか難しいです。

パニカム ヘビーメタルは、思い通りのスクリーンプランツ。

六本木のボタニカから来た10歳児。長生きで、嬉しいです。

さて、今年の秋は、球根を植えたり冬の彩りを工夫しないと。

また、遊びにきてくださいね〜!

グレーのエレガンス

2017年08月28日

8月最後の月曜日。朝晩は涼しく虫の音に秋を感じます。

グレー。砂色。秋が来ると、惹かれる色です。白だった季節から、秋は、顔色が日焼けの後もあって少しくすむので、茶色やベイジュの代わりに、グレー。動物の色に例えると、タヌキとかゴールデンリトリバーみたいな色ではなく、狩猟犬のワイマナラーのグレーなどがイメージ。

少しクールなグレーもいいですね。顔色に映えます。いつか、しっかりとしたグレーヘアになったら、グレーの服をコーディネートしたい。

エレガントなグレー。イギリスやベルギーなどのインテリアペイントに素敵なグレーが多いです。

その素敵なグレーを、ヨーロッパのあちらこちらで見てきた記憶があるので、グレーに対して豊かなイマジネーションが広がります。(残念ながら日本では、あまりうっとりするようなグレーのインテリアを見たことがありません。

さて、

先日の三越本店ではトークショウの際に、色彩のお話をさせていただきました。

アフタヌーンティに出てくるスコーンの上のストロベリージャムの赤って、本当にすてきな赤。

という話。赤い洋服は、買うチャンスがそうたくさんあるとは思えませんが、たまに赤い服、欲しくなる。赤い靴、赤いバッグ。先日、トークショウにお出でくださった方が赤いミュールに赤いサンゴのアクセサリーでとっても素敵でした。

同じ赤でも、日の丸の赤というより、サンゴ色、あるいは、イチゴのような赤い色なら欲しい。と、赤のイメージを探るのも楽しいです。秋に向けて、秋の色を思う次第。私は、自分で似合うと思っているのは、赤でも少し青みのある赤なのですが、イギリスに住んでいた時代に、中世の古典絵画描法を勉強していたので、いつも、色の原料には、自然界の本物の色に思いがつながります。

中世にはケミカル染料はなかったので、すべてが天然由来。例えばイチゴの赤はコチニール虫で作れるなあと。グレーのような無彩色でも、天然由来の色だと本当に素敵な落ち着いた色があります。

私が服の色だしをする際、アパレルでの色出しは、100%天然で作るのは難しいので、色だしのイメージだけでも、すべて天然の色彩にインスパイアされた色をセレクトします。グレーでいうと、ベルギーで見かけた石壁の色だったり、イギリスの冬の空の色だったり。

街を歩くとき、美術館に佇む時、マッチする色、グレーの系統。グレーは、景色にマッチして透明感を与えてくれる「馴染み色」「ニュートラルカラー」として、新たに捉えてみることをお勧めしたいのです。

それと、顔まわりにアクセサリーやストールで引き締め色、アクセントカラーを添えるのもおすすめです。

この秋に向けて登場した森の柄と、コスモスの柄、そして、押し花の柄。私がデザインしたのは、すべて自然界につながる絵柄。自然界に想いを馳せて….。

さて!本日、8月28日(月)が日本橋三越本店での

Pop Up Shop 最終日です!

三越本店の景色や本館インテリアの装飾も素敵です。日本橋を楽しむチャンスです。

 

 

 

 

« 古い記事 新しい記事 »