blog

このところ本当に暑いですね

2017年07月13日

今回の北イングランドツアー。最初に訪ねたスキャンプトンにて。ウイッシュを込めて。ご案内くださったクレアさんにリボンをいただき。

樹木にリボンをみんなで結んだ。みなさま、どんなことを願ったのかな。

 

それにしても、イギリスはほとんどお天気で。かなり、陽に焼けましたね。

5月のロンドン、LOCK&Coで買った帽子、ボーター(ボートレースの選手がかぶる帽子のデザイン)。

 

明日の北海道もこれでいこうかな。でも、結構気温が高そうで。ブラウスはこれじゃない。麻の最も涼しいシャツを持っていく。

このところ、一緒に旅行をしたみなさまから写真をいっぱいいただきまして、

ありがとうございます!!!

 

北海道 銀河庭園に行ってきます。イギリスよりも涼しいでしょうか?

金、土、日と三日間。庭のメンテナンスのほか、土曜日はトークショウあり。嗚呼〜何を着るとちょうど良いのか。暑いか少しは涼しいかもか。悩みますね。

東京の猛暑と庭と…

2017年07月12日

約2週間ぶりに訪ねたShade 駒場の庭。毎日30度を超える猛暑のなか、庭も頑張って花を咲かせていました。

次から次へ花咲くグラジオラス。乾燥に強いアキレア。イギリスでもおなじみの植物が元気でうれしい。

植え付け時の発根促進や、植物の元気を補うには、今までも、さまざまな庭の施工時に、このVRNAの株元散布をしてきました。また、自宅では、日常的に、右側のバイオゴールド・ヴァイタル、BVを日常的に株元散布や雨が降らず乾く1日の終わりに。一旦元気に大人になってしまえば、もう、与える必要もないのですが、植えてすぐの頃まだ、根が張っていない時期はちょっと心配。でも、今はもう、大丈夫。あとは、太陽と風と、時々雨が降ってくれれば…。

それにしても強い日差し。からっからに乾いているように見えますが、もうすっかり深く根を張っているので、心配はないかな。でも、日差しのまばらな部分があって日当たりの悪い場所は倒れがち。植え付け時期が遅かったのも、問題点ですが。(やっぱり宿根草は、秋に限る!)4月後半の植え付けは遅かった。

今年の秋に植えなおして、そして、2月下旬には、一旦切り戻し。(これは、ダブコテージで教わったことを参考に)

午後7時。日が暮れてきました。でも、花が絶えず、とてもいい感じです。

東京の野原の花。それがこの庭のイメージです。

お店では、SALE まっさかりです。イギリスの庭で着たらすてき!と思うドレスが30%〜

庭は午後3時ころからいい感じの日陰ができます。ぜひ遊びに来てくださいませね。

 

7月のイギリスの旅。振り返って….

2017年07月11日

最後に泊まっていたホテルの朝食。朝は、窓が開いてます。そのほうが気持ちいい。エアコンがなくても、気持ちのいい朝の気温でした。少なくとも。朝は。でも、昼は暑かったですね。

オーツ麦のミルクポーリッジで始まる朝ごはん。バジルシード他、さまざまな種を入れて。ここにハチミツを。

美味しく気持ち良く、優雅でほんとうに寛げました。

ロンドンにいたのは三泊。いつもですと、ロンドンは、美術館とファッション三昧なのですが、今回は、ロンドンでも精力的に庭を見て回りました。

 

1日目が、ロンドンタワーブリッジ近くのポターズパークと、オリンピックパークへ。

まったくメンテナンスが入っていないように見えますが、存続可能な宿根草の庭ですね。

 

昼以降はロンドンも暑くてエアコンなしでは辛かったです。

写真は、ハミルトン・ガーデンズの、私が最初に住んでいたフラットにて。懐かしくて。ビートルズのアビーロードスタジオの横断歩道(ペデストリアン)のあるすぐ裏の家でした。この近くのハミルトンテラスのオープンガーデンを訪ねたので。

その様子は、イギリス在住の白井法子さんのブログでhttp://engei.com/gardening/uk-gardening-report/1344/

 

帰国してみると、ロンドン以上に、まぁ、東京の暑いこと!!!

 

顔の汗が目に入って痛い。などという異常事態です。こうなると涼しいワンピースが一番ですね。

 

暑い時期には、女性にとって助かるのがサンダル。

 

ツアーにでる前にシュミレーション。ヒールは、あった方が、高さのバランスがぜったいに良くなる。

長距離を歩くには少しなれないと疲れますが、ホテルに泊まっているときの食事や散歩、ホテル近辺の散歩など。特に欧米の旅行に高めのヒールは役立ちます。

 

バランスをとるために少しヒールがあるとさらによくて。

やっぱりShade の服。庭や緑の多いアウトドアに似合うなあと思います。

ただいまSALE 開催中!

イングリッシュ・ガーデン・ツアー無事終了

2017年07月10日

 

ついに諦めて。

写真が縦にならないので散々工夫をしていましたが。

イングリッシュガーデンの旅を無事終了し本日、日本に向けて帰国します。

 

ご参加くださった皆さま。並びに応援をしてくださっった皆さま、本当にありがとうございました。

 

ツアー最終日に行ったピータシャム・ナーサリーでは、アフタヌーンティー。

どこを見ても絵になる空間。本当に素敵でした。

今回のアテンドをしてくださったイギリス在住のNorikoさんと。

なんと、私の1980年代の、広告宣伝グラフィック仕事の仲間だったことが判明。共通の友人の名前が次から次へ、バブルの日本にあって、同じような理由で渡英していて、意気投合。なんとも嬉しい出会いでした。

 

お買い物も、思い出がいっぱい。ツアーのメンバーと。

最後に撮った集合写真はピーターシャムのオーナーのプライベイトガーデンの中にて。

 

さて、徐々に時間がなくなって来ました。続きは空港からできると良いのですが。

 

 

コッツウォルドにて

2017年07月6日

ヒドコートの後、キフツゲートへ。最後に咲き残っていたのは、リーガルリリー・

庭がどうだったかは、ガーデンブログに書きたいと思いますが、もう、花も庭もほぼ終わってしまっていて、やはり、私の読み通り、ヨークシャーは美しい盛りでしたが、グロスタシャーまで南下すると、もう暑くて暑くて。人も参る。

 

庭でも夢中になれず、もう、とにかく、暑い。暑くて。26度。湿度は低いけれど。

 

寒いくらいだったヨークシャーが、もう恋しい。

なので、カフェでのんびりする方を選びたくなりますね。

あらかじめ、キフツゲイトでは、アフタヌーンティの予約を。

マナーハウスにて

2017年07月5日

ゆとりの朝を迎えております。

昨日まで、強行軍でしたから。本日はちょっとゆったり、マナーハウスホテルで。

写真は、ヨークシャーで最後に訪ねたダヴコテージ。いい写真を撮って皆さまに見ていただきたいし、とにかくあれもこれもはダメなのですが、ついつい。

 

本日宿泊中のチャリングワースマナー。1600年代に建ったカントリーロッジ。

 

 

 

今はバラが咲いて。館に彩りを与えています。ぴったり!

 

実は到着が夜の20:30。皆様おつかれ様でした。

ロマンチックなインテリア。20年前と同じ感じですがきっと、100年前とも、そう変わらないのでしょう。

私の泊まった部屋。天井が低く、歩くとミシミシ。そっとつま先から足を降ろさないとドッカドッカとすごい音が出てしまいます。

朝食はこちらで。

ドーセットミューズリー。日本に買って帰りたい。

ホテルでくつろぐために、サンダルを持って来ました。ハイヒールにしようか迷いましたが、そのままホテルの芝で濡れた庭も歩きたかったし。

ここで、ブログを。贅沢な時間!!!!!

 

しかし、待ってよ。私が持って来たサンダル、今、Shadeで SALEになっているの???

 

SS。。。。。。

お知らせ〜

2017年07月4日

イギリスのヨークは、現在の気温14度。渋谷は、29度と出ていました。

ここ数日で、Shade の庭では、グラジオラスが咲いて来ました。薄紫色を選んだのですが、ピンク!

葉の形がいいし、暑さに強いので、大好き。涼しい色を選ぶのがこつだと思います。

 

 

 

そして今、Shade ではセールを展開中。

 

こちらは、クロッシェリーフカーディガン。葉の形をレース編み。
袖と前身頃が少し編みで、袖が長くても透け感ぎあって涼しい印象に。
冷房対策におすすめです。
こちらは、40%オフ。

 


リネン風ストレッチシリーズ。
さらっと麻のような素材は肌にまとわりつくことなく着ていただけるシリーズ。
ファビオルスコーニのサンダルもお買い得に。
サンダルは30%オフ。

リバティプリントのライラック柄のワンピース。

麻のお素材で、夏のお出かけにはぴったりです。

こちらは30%オフ。  イギリスの庭にこのまま佇んで欲しい。

 

« 古い記事 新しい記事 »