blog

パステルカラーで Paris

2017年05月21日

今回のパリ、ロンドン、ヘルシンキの三都市旅行。目的がフラワーショウなので、花の服は当然のように。用意。

 

この時は、恒例の朝バゲット買いへ。買った後に、メルシ、ボンジョルネ!オールボワールと言い合うのが嬉しくて。それで心満たされる。バゲットは、1ユーロ。

コーディネートは、ほぼ、白っぽいパステルで(往復の移動のみ、ネイビーのセットアップ)これは、常に大正解。(飛行機内では、ダークな方が気持ちも落ち着く)

 

パリはアジアの観光客が多いのですが、オペラ周辺など、黒っぽい集団が多く、あれがあまり好きではない。もちろん、コムデギャルソンで決めてるおしゃれさんは、別ですが。

この日は、たまたまパリにいた友人と、リッツかプラザアテネで女子会ランチをしようと、スニーカーではなく、おしゃれをして出かけました。

いえ、私がすでにクリヨンが新装開店した(と勘違い。以前泊まった関係でか、お知らせが来ていたので。どうも予約開始だったみたい…)そのつもりだったら、まだ、だった。ちなみにロブションとかその手の星付きレストランは御多分に洩れず、全く予約取れず。

で、ぶっつけ本番で「予約はないのですけレドモ」と、直接レストランに掛け合いに。たまたま入り口に、シェフ。「30分後にお席を用意しましょう」となって。バンドームのシャルべでお土産を買って30分後に。

 

というわけでで、黒っぽいスタイルはNGと、私たちの暗黙のドレスコードで。本当はヒールが良いのですが、それでは石畳の街を長く歩けないので。

あのルブタンの10センチピンヒールで颯爽と石畳を歩くパリジェンヌ。尊敬。

Shade でも、そんな初夏の装いにぴったりなストールが続々入荷。

ベルデ、エクリュと、ヨーロッパの言葉で名づけたいような色調ばかりです。

基本のドレスがダークカラーでも、お顔周りだけ、色をさすだけで全く印象が変わります。

同じくシトラスのブローチ。少しキラキラが入ると存在感オーラが変わります。

アクセントに一つだけもいいし。

三つつけると普通のシャツがぐっとラブリィに。

ホワイント オン ホワイトもこれからの季節素敵ですよね。

リッツホテルの中庭。シャネル本人のイメージとも重なります。

白いカメリアではないけれど、白いバラとスティルとヘッジのフォーマルガーデン。

エレガンスの極致。

パステルカラーで、庭への扉を開いて。

 

 

Joli Mois de Mai a Paris

2017年05月20日

今、パリにいることを知った、私の「アート番長」から、昨日送られた言葉でした。

写真は、ランチに寄ったリッツホテルの中庭にて。今ちょうどバラがベストな感じで咲いていてびっくり。20年前は、6月だったような気がするのですが。

 

でもでも、とにかく、美しくて、感動する。美の栄養をたっぷり吸収中。

アイスバーグのように見えますが。

 

「ああ!パリの美しき5月!Ah!le joli mois de mai a Paris!」1968年の5月革命の時に生まれた曲だそうで、実際は闘争のための、勇ましい曲なのですが、今だと、こんな感じがいいかなあ。https://www.youtube.com/watch?v=F8l8-5dF2z4

続いて、Le muguet du 1er mai’もいい。ミュゲ=スズラン。五月1日は、愛する人にスズランを送る。と、贈られた人に幸運が訪れるという。先日、星の王子さまミュージアムに自生しているスズランがあったのですが、フランスの方が思わずその一部を切ってミュージアムのスタッフにプレゼントしたという話があったのですが、それも愛だったのかな。最初、私はえ?と、思っていましたが、思わず愛を誰かに送りたくなったんだ、と解釈しました。

アパルトマンの部屋にいて、まだまだ仕事を優先していますが、音楽はサティを聞いたり、この歌やパリにちなんだ曲、聞いて見たりしています。

 

 

 

ああ!パリの美しき5月!

その言葉を念頭にパリを見るのと、無しでいるのは、大違い。

 

こんな色の西洋シャクナゲ。パリでしか見たことないかも。

これからバガテルに行こうかどうか。迷い中。サン=ジェルマンをぶらぶらするだけで幸せ。でも、バラが咲いているなら見たい。

とにかく美しいのです。それを魂に染み込ませて。

 

 

 

Ici paris!

2017年05月20日

只今、芸術の都、パリにいます。

 

実は、希望のグレードの航空券を、希望の価格で購入する都合で、行きは、シャルルドゴール空港着、帰りはなんと、ヘルシンキ発という、目的地はチェルシーフラワーショウのための旅です。

パリは、やはり、芸術家の魂の栄養源として最高ですが

 

その前にお知らせしたいことが、いっぱいあるのでした。

 

一つは、ディノス社 WEBページの吉谷コラボ商品の特集ページがオープンしたこと、

現在、特別セール中で、一部プロダクツが10パーセントOFFで購入できます。

そのセールは、5月30日で終了。
吉谷 特集記事のリンク先は以下の通りです。
https://www.dinos.co.jp/garden/special/yoshiya_s/

 

もう一つは、Shade の新作のこと。

すでに少し、ご紹介していますが、私が履いている新作パンツのことです。
定番ジョッパーズの形ですが、今回は新素材を使用しています。
どこが良いのかといえば、
2WAYストレッチで、これまで以上に履き心地がよい
ドライタッチでこれからの汗ばむ季節にピッタリの涼しい素材
レーヨンが入っているので、とろんと落ち感があってやわらかい。
色調もNEW!
というわけで、よろしくお願いいたしますー!

 

行ってきまーす

2017年05月18日

いやもう!この数日は呼吸も浅くなってしまうほどに。

 

気持ちを詰めると息が止まっているような感じ?

 

それに何を着て旅をするのか。これは大問題。今までみたいに、旅程に合わせてイラスト化して考える。そんな余裕もこの数ヶ月は、ゼロでしたので。それでいて現地の気温が30度だったり8度だったり、めちゃくちゃ!

たくさんの皆様からコメントをいただきました。

 

「今日からイギリスへの旅ですね。仕事のお疲れを癒してきてくださいね。
私たち夫婦は、まだまだ初夏のイギリスツアーにはいろんな事情でいけそうにありませんが、いつか参加したいなあと思っております。どうかお元気であと20年ぐらいは、ガーデンツアーしていただけたらと思っております。

お気をつけていってらっしゃ~い(^^♪」

 

ありがとうございました!え〜〜っ。でも、あと20年は無理です〜。80歳ですよ!

 

よくね。潮時を考えます。最近は。だって、あまりにも忙しいのは辛いのですものね。ここ数日は辛かった。昨日も、2時間睡眠。もっと歳が立ったら、私はクルーズ船で地中海に行きたいなあ。

 

でも。

 

う〜〜〜ん。いつも、海外に行くときは準備も大変だし、行かないことになってたらいいのに。と思うほど、気持ちがブルーになる。あれもこれも!と、終わらせたかったのですが、80%は終わらせたかな。

特に植物は植えてしまわないと10日は待てないですものね。

 

6月に入った途端、イベントもいっぱい!NHKカルチャーセンター横浜、名古屋、福井、北海道、八王子と。(それぞれ、どうやって申し込んだら良いのかをご質問いただいていますが、私も今わからないので、直接訪ねていただけると嬉しいのですが)

さて!ただいま、空港ラウンジへ。やれやれ。まずは、今日はパリへ。(アップグレードの関係でロンドン直行便は、1月の時点で取れなかったので)暑いらしいのす昨日30度だったって?

 

今、全く同じスタイル。多肉植物のTシャツ。とってもいい感じですよ。それから、新作のパンツはダークなエメラルドグリーン。地中海の旅行だともっとバッチリなのですが。

 

私が東京にいない間も、Shade の庭では、次々に違う花が咲いて来ます。ぜひ、見に行ってくださいね!それから、Sade

スタッフはそれほど植物に詳しくないので、時々遊びに来てくださった肩にお願いなのですが、気づいたことがあったらお教えいただけると嬉しいです。水やりも必要十分か多すぎていらないか。雑草もそろそろ出てくる。アブラムシもいるでしょう。花殼も積みたい!

先日、コスモスの苗を72株他に

花苗合計100株ほどを植えたばかり。気になりますー!

 

こんな可愛い「フローラ様のビスケット」も。登場しています(¥300)

パッケージのデザインもいたしましたよ!フローラ様とは、あなたのこと。花の女王様です。

 

多肉植物のTシャツ デヴュ

2017年05月14日

多肉植物、美しい。この春には、はままつフラワーパークの展示にもこのようなリースを作ってもらい展示。大好評でした。

挿し芽して増やし中のクラッスラ。あかい縁がかわいい。この写真は17年前のもの。

随分コレクションに夢中になったりもいたしましたが、今も、やっぱりたまに目が合うと….。

一番好きなエケベリア。実にバラのようであり、こんなに美しいブルーグリーンの植物はほかにありません。

 

その美しき多肉植物を。

Tシャツに載せました。かわいいでしょ!?

描かれた多くはエケベリアとセダム類。丈夫だし、この青さが好きで。

 

水彩と色鉛筆で描きました。

昨日は雨だったのですが、初夏にピッタリでしょう?

ジャケットからちらと覗くのもかわいいと思っています。デザインするとき、そこも考えてもちろん私が配置しました。

普通にジャケットの下に着るのもいいですし、ちょっと暑くなったらTシャツルックになる。

このとき、無地よりは、その柄に目が行くので視線からボディラインを隠すこともできるし、私のデザインするTシャツは、裾まわりにゆとりを持たせたゆるいAライン、お腹やヒップのシルエットを隠します。

 

 

7月1日発イギリスツアー遂行へ

2017年05月13日

お花が、ようやく開花してきました。と、思ったら、この後が早い。もう春じゃない。初夏ですね。昨日の星の王子さまミュージアムの美しかったこと!本当に陽光が美しかったのでした。

まだチューリップが咲いていたのですが、他の草花もモリモリしてきて活力溢れ!

みなさまにお見せしたかったです。

いよいよ超速で(私個人の感想ですが)夏が来てうわーっと花の季節が巡っていきます。

昨日は箱根でも暑くて、とにかく涼しく着られるシャツということで麻混のトワルドジュイシャツ。まったくもって風通しよく汗もすぐに乾き快適でした。さて!

 

おかげさまで7月1日(土)出発の北イングランド、ガーデンツアーの出発が決まりまして、ただいま駆け込みで、お申し込みの方や未だご検討中の方の席を2席ほど開けてお待ちしております。

 

吉谷桂子と訪ねる英国の美しい庭 ヨークシャー地方の名園と、ハンプトンコートフラワーショー8日間 遂行決定!

 

のお知らせをいただいたのは、実は、Shade オープンの日。

(ハドスペンガーデンにて 1996年)

不肖吉谷ご案内のツアー旅。普通のツアーとはまったく違うと思います。専門ツアーというのは、そうしたスペシャリストによるセレクトツアーですが、同時に、花を見るだけでない、エレガントな存在について考えてみたり、ホテルや風景の考察。世界観の発掘のような。

ただ、開催を始めてもう15年以上になると思うのですが、最初の頃は、きっと今より15年分の勉強が足りてない。その至らなさをお許しいただきたく、で、今もきっと、至らない点は多々あれど、イギリスの庭のご案内、やはり独自の視点から美しい存在を発見する、その見つめ方の自信は、あります。

そしてこのたびも

 

お申し込みくださった皆様、まことにありがとうございました!

また、まだ少し迷われていらっしゃる方がおられるようなので、あと2名様ほど。

 

お席をご用意してお待ちしております。

 

お会いすることを楽しみにしております!

今回は、北イングランドがメインガーデン。ピートデザインの庭や秘密の庭やラベンダーの庭、

また南下して、コッツウォルズの庭へ、そこでマナーハウス宿泊、

ハンプトンコートフラワーショウやピータシャムナーサリーも訪ねます。

 

正真正銘のイングリッシュガーデン。世界最高峰の花の庭の旅へどうぞ!

7月1日(土曜日!)出発の「イングリッシュ・ガーデン・ツアー」

http://tabi.omni7.jp/7tabi/ab_tour/617707/

 

 

オープン後、花たちも順調に….

2017年05月11日

オープニング。抽選で受け取っていただいた寄せ植えたち

無事、それぞれのお家に落ちついたでしょうか?

 

宿根ガーベラの寄せ植え。丈夫なので、たとえば、この寄せ植えのまま地植えしていただくことも可能です(鉢からは出してね)

二日目の寄せ植えは。アクセントになる場所に置いてね。

今、いろいろな花が咲き始めましたが、ホプシスも咲いてきました。

うちの妖精ちゃんたいもお待ちしております。

 

この日最後のお客様は、クロちゃん。

今日は国バラの開会式と審査会でしたが、明日は、箱根星の王子さまミュージアムで公開ガーデニングワークデイ、そして翌日の土曜に、お店におります。ぜひ!おこしください。(その次は、16日(火)午後の予定です)

 

お待ちしております!

« 古い記事 新しい記事 »